4.5. Puppet: ロール用 hieradata のカスタマイズ

heat テンプレートコレクションにはパラメーターのセットが含まれ、これを使用して特定のノード種別に追加の設定を渡すことができます。これらのパラメーターでは、ノードの Puppet 設定用 hieradata として設定を保存します。

ControllerExtraConfig
すべてのコントローラーノードに追加する設定
ComputeExtraConfig
すべてのコンピュートノードに追加する設定
BlockStorageExtraConfig
すべてのブロックストレージノードに追加する設定
ObjectStorageExtraConfig
すべてのオブジェクトストレージノードに追加する設定
CephStorageExtraConfig
すべての Ceph Storage ノードに追加する設定
[ROLE]ExtraConfig
コンポーザブルロールに追加する設定。[ROLE] をコンポーザブルロール名に置き換えてください。
ExtraConfig

すべてのノードに追加する設定

  1. デプロイ後の設定プロセスに設定を追加するには、parameter_defaults セクションにこれらのパラメーターが記載された環境ファイルを作成します。たとえば、コンピュートホストに確保するメモリーを 1024 MB に増やし VNC キーマップを日本語に指定するには、ComputeExtraConfig パラメーターの以下のエントリーを使用します。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::compute::reserved_host_memory: 1024
        nova::compute::vnc_keymap: ja
  2. ご自分のデプロイメントに該当するその他の環境ファイルと共に、この環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドに追加します。
重要

それぞれのパラメーターを定義することができるのは 1 度だけです。さらに定義すると、以前の値が上書きされます。