6.3.5. サービスなしの汎用ノードの作成

OpenStack サービスを一切設定しない汎用の Red Hat Enterprise Linux 8.2 ノードを作成することができます。これは、コアの Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境外でソフトウェアをホストする必要がある場合に役立ちます。たとえば、RHOSP は、Kibana や Sensu 等のモニタリングツールとの統合を提供します。詳細は、『監視ツール設定ガイド』を参照してください。Red Hat は、それらのモニタリングツールに対するサポートは提供しませんが、director では、それらのツールをホストする汎用の Red Hat Enterprise Linux 8.2 ノードの作成が可能です。

注記

汎用ノードは、ベースの Red Hat Enterprise Linux 8 イメージではなく、ベースの overcloud-full イメージを引き続き使用します。これは、ノードには何らかの Red Hat OpenStack Platform ソフトウェアがインストールされていますが、有効化または設定されていないことを意味します。

  1. カスタムの roles_data.yaml ファイルに ServicesDefault の一覧が含まれない汎用ロールを作成します。

    - name: Generic
    - name: Controller
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CephClient
        ...
    - name: Compute
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::AuditD
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CephClient
        ...

    既存の Controller ロールおよび Compute ロールを維持するようにしてください。

  2. また、プロビジョニングするノードを選択する際には、必要な汎用 Red Hat Enterprise Linux 8 ノード数とフレーバーを指定する環境ファイル (generic-node-params.yaml) も追加することができます。

    parameter_defaults:
      OvercloudGenericFlavor: baremetal
      GenericCount: 1
  3. openstack overcloud deploy コマンドを実行する際に、ロールのファイルと環境ファイルの両方を指定します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
    -r ~/templates/roles_data_with_generic.yaml \
    -e ~/templates/generic-node-params.yaml

    この設定により、コントローラーノードが 1 台、コンピュートノードが 1 台、汎用 Red Hat Enterprise Linux 8 ノードが 1 台の 3 ノード構成の環境がデプロイされます。