第7章 コンテナー化されたサービス

director は、OpenStack Platform のコアサービスをオーバークラウド上にコンテナーとしてインストールします。本項では、コンテナー化されたサービスがどのように機能するかについての背景情報を記載します。

7.1. コンテナー化されたサービスのアーキテクチャー

director は、OpenStack Platform のコアサービスをオーバークラウド上にコンテナーとしてインストールします。コンテナー化されたサービス用のテンプレートは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/ にあります。

コンテナー化されたサービスを使用するすべてのノードで、ロールの OS::TripleO::Services::Podman サービスを有効にする必要があります。カスタムロール設定用の roles_data.yaml ファイルを作成する際には、ベースのコンポーザブルサービスと共に OS::TripleO::Services::Podman サービスを追加します。たとえば、IronicConductor ロールには、以下の定義を使用します。

- name: IronicConductor
  description: |
    Ironic Conductor node role
  networks:
    InternalApi:
      subnet: internal_api_subnet
    Storage:
      subnet: storage_subnet
  HostnameFormatDefault: '%stackname%-ironic-%index%'
  ServicesDefault:
    - OS::TripleO::Services::Aide
    - OS::TripleO::Services::AuditD
    - OS::TripleO::Services::BootParams
    - OS::TripleO::Services::CACerts
    - OS::TripleO::Services::CertmongerUser
    - OS::TripleO::Services::Collectd
    - OS::TripleO::Services::Docker
    - OS::TripleO::Services::Fluentd
    - OS::TripleO::Services::IpaClient
    - OS::TripleO::Services::Ipsec
    - OS::TripleO::Services::IronicConductor
    - OS::TripleO::Services::IronicPxe
    - OS::TripleO::Services::Kernel
    - OS::TripleO::Services::LoginDefs
    - OS::TripleO::Services::MetricsQdr
    - OS::TripleO::Services::MySQLClient
    - OS::TripleO::Services::ContainersLogrotateCrond
    - OS::TripleO::Services::Podman
    - OS::TripleO::Services::Rhsm
    - OS::TripleO::Services::SensuClient
    - OS::TripleO::Services::Snmp
    - OS::TripleO::Services::Timesync
    - OS::TripleO::Services::Timezone
    - OS::TripleO::Services::TripleoFirewall
    - OS::TripleO::Services::TripleoPackages
    - OS::TripleO::Services::Tuned

7.2. コンテナー化されたサービスのパラメーター

コンテナー化されたサービスのテンプレートにはそれぞれ、outputs セクションがあります。このセクションでは、OpenStack Orchestration (heat) サービスに渡すデータセットを定義します。テンプレートには、標準のコンポーザブルサービスパラメーター (「ロールパラメーターの考察」を参照) に加えて、コンテナーの設定固有のパラメーターセットが含まれます。

puppet_config

サービスの設定時に Puppet に渡すデータ。初期のオーバークラウドデプロイメントステップでは、director は、コンテナー化されたサービスが実際に実行される前に、サービスの設定に使用するコンテナーのセットを作成します。このパラメーターには以下のサブパラメーターが含まれます。

  • config_volume: 設定を格納するマウント済みのボリューム
  • puppet_tags: 設定中に Puppet に渡すタグ。OpenStack は、これらのタグを使用して Puppet の実行を特定サービスの設定リソースに制限します。たとえば、OpenStack Identity (keystone) のコンテナー化されたサービスは、keystone_config タグを使用して、設定コンテナーで keystone_config Puppet リソースを実行します。
  • step_config: Puppet に渡される設定データ。これは通常、参照されたコンポーザブルサービスから継承されます。
  • config_image: サービスを設定するためのコンテナーイメージ
kolla_config
設定ファイルの場所、ディレクトリーのパーミッション、およびサービスを起動するためにコンテナー上で実行するコマンドを定義するコンテナー固有のデータセット
docker_config

サービスの設定コンテナーで実行するタスク。すべてのタスクは以下に示すステップにグループ化され、director が段階的にデプロイメントを行うのに役立ちます。

  • ステップ 1: ロードバランサーの設定
  • ステップ 2: コアサービス (データベース、Redis)
  • ステップ 3: OpenStack Platform サービスの初期設定
  • ステップ 4: OpenStack Platform サービスの全般設定
  • ステップ 5: サービスのアクティブ化
host_prep_tasks
ベアメタルノードがコンテナー化されたサービスに対応するための準備タスク

7.3. コンテナーイメージの準備

オーバークラウドのインストールには、コンテナーイメージの取得先およびその保存方法を定義するための環境ファイルが必要です。この環境ファイルを生成してカスタマイズし、コンテナーイメージの準備に使用します。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. デフォルトのコンテナーイメージ準備ファイルを生成します。

    $ openstack tripleo container image prepare default \
      --local-push-destination \
      --output-env-file containers-prepare-parameter.yaml

    上記のコマンドでは、以下の追加オプションを使用しています。

    • --local-push-destination: コンテナーイメージの保管場所として、アンダークラウド上のレジストリーを設定します。つまり、director は必要なイメージを Red Hat Container Catalog からプルし、それをアンダークラウド上のレジストリーにプッシュします。director はこのレジストリーをコンテナーイメージのソースとして使用します。Red Hat Container Catalog から直接プルする場合には、このオプションを省略します。
    • --output-env-file: 環境ファイルの名前です。このファイルには、コンテナーイメージを準備するためのパラメーターが含まれます。ここでは、ファイル名は containers-prepare-parameter.yaml です。

      注記

      アンダークラウドとオーバークラウド両方のコンテナーイメージのソースを定義するのに、同じ containers-prepare-parameter.yaml ファイルを使用することができます。

  3. 要件に合わせて containers-prepare-parameter.yaml を変更します。

7.4. コンテナーイメージ準備のパラメーター

コンテナー準備用のデフォルトファイル (containers-prepare-parameter.yaml) には、ContainerImagePrepare heat パラメーターが含まれます。このパラメーターで、イメージのセットを準備するためのさまざまな設定を定義します。

parameter_defaults:
  ContainerImagePrepare:
  - (strategy one)
  - (strategy two)
  - (strategy three)
  ...

それぞれの設定では、サブパラメーターのセットにより使用するイメージやイメージの使用方法を定義することができます。以下の表には、ContainerImagePrepare の各設定で使用することのできるサブパラメーターの情報をまとめています。

パラメーター説明

excludes

設定からイメージ名を除外する正規表現の一覧

includes

設定に含める正規表現の一覧。少なくとも 1 つのイメージ名が既存のイメージと一致している必要があります。includes パラメーターを指定すると、excludes の設定はすべて無視されます。

modify_append_tag

対象となるイメージのタグに追加する文字列。たとえば、16.1.3-5.161 のタグが付けられたイメージをプルし、modify_append_tag-hotfix に設定すると、director は最終イメージを 16.1.3-5.161-hotfix とタグ付けします。

modify_only_with_labels

変更するイメージを絞り込むイメージラベルのディクショナリー。イメージが定義したラベルと一致する場合には、director はそのイメージを変更プロセスに含めます。

modify_role

イメージのアップロード中 (ただし目的のレジストリーにプッシュする前) に実行する Ansible ロール名の文字列

modify_vars

modify_role に渡す変数のディクショナリー

push_destination

アップロードプロセス中にイメージをプッシュするレジストリーの名前空間を定義します。

  • true に設定すると、push_destination はホスト名を使用してアンダークラウドレジストリーの名前空間に設定されます。これが推奨される方法です。
  • false に設定するとローカルレジストリーへのプッシュは実行されず、ノードはソースから直接イメージをプルします。
  • カスタムの値に設定すると、director はイメージを外部のローカルレジストリーにプッシュします。

実稼働環境でこのパラメーターを false に設定した場合、イメージを Red Hat Container Catalog から直接プルする際に、すべてのオーバークラウドノードが同時に外部接続を通じて Red Hat Container Catalog からイメージをプルするため、帯域幅の問題が発生する可能性があります。コンテナーイメージをホストする Red Hat Satellite Server から直接プルする場合にのみ、false を使用します。

push_destination パラメーターが false に設定されている (または定義されていない) 時にリモートレジストリーで認証が必要な場合は、ContainerImageRegistryLogin パラメーターを true に設定し、ContainerImageRegistryCredentials パラメーターで認証情報を含めます。

pull_source

元のコンテナーイメージをプルするソースレジストリー

set

初期イメージの取得場所を定義する、key: value 定義のディクショナリー

tag_from_label

指定したコンテナーイメージのメタデータラベルの値を使用して、すべてのイメージのタグを作成し、そのタグが付けられたイメージをプルします。たとえば、tag_from_label: {version}-{release} を設定した場合、director は version および release ラベルを使用して新しいタグを構築します。あるコンテナーについて version を 16.1.3 に、release5.161 に設定した場合、タグは 16.1.3-5.161 となります。set ディクショナリーで tag を定義していない場合に限り、director はこのパラメーターを使用します。

重要

イメージをアンダークラウドにプッシュする場合は、push_destination: UNDERCLOUD_IP:PORT ではなく push_destination: true を使用します。push_destination: true を使用することで、IPv4 アドレスおよび IPv6 アドレスの両方で一貫性が確保されます。

set パラメーターには、複数の key: value 定義を設定することができます。

キー説明

ceph_image

Ceph Storage コンテナーイメージの名前

ceph_namespace

Ceph Storage コンテナーイメージの名前空間

ceph_tag

Ceph Storage コンテナーイメージのタグ

name_prefix

各 OpenStack サービスイメージの接頭辞

name_suffix

各 OpenStack サービスイメージの接尾辞

namespace

各 OpenStack サービスイメージの名前空間

neutron_driver

使用する OpenStack Networking (neutron) コンテナーを定義するのに使用するドライバー。標準の neutron-server コンテナーに設定するには、null 値を使用します。OVN ベースのコンテナーを使用するには、ovn に設定します。

tag

ソースからの全イメージに特定のタグを設定します。定義されていない場合は、director は Red Hat OpenStack Platform のバージョン番号をデフォルト値として使用します。このパラメーターは tag_from_label の値よりも優先されます。

注記

コンテナーイメージでは、Red Hat OpenStack Platform のバージョンに基づいたマルチストリームタグが使用されます。したがって、今後 latest タグは使用されません。