7.2. コンテナー化されたサービスのパラメーター

コンテナー化されたサービスのテンプレートにはそれぞれ、outputs セクションがあります。このセクションでは、OpenStack Orchestration (heat) サービスに渡すデータセットを定義します。テンプレートには、標準のコンポーザブルサービスパラメーター (「ロールパラメーターの考察」を参照) に加えて、コンテナーの設定固有のパラメーターセットが含まれます。

puppet_config

サービスの設定時に Puppet に渡すデータ。初期のオーバークラウドデプロイメントステップでは、director は、コンテナー化されたサービスが実際に実行される前に、サービスの設定に使用するコンテナーのセットを作成します。このパラメーターには以下のサブパラメーターが含まれます。

  • config_volume: 設定を格納するマウント済みのボリューム
  • puppet_tags: 設定中に Puppet に渡すタグ。OpenStack は、これらのタグを使用して Puppet の実行を特定サービスの設定リソースに制限します。たとえば、OpenStack Identity (keystone) のコンテナー化されたサービスは、keystone_config タグを使用して、設定コンテナーで keystone_config Puppet リソースを実行します。
  • step_config: Puppet に渡される設定データ。これは通常、参照されたコンポーザブルサービスから継承されます。
  • config_image: サービスを設定するためのコンテナーイメージ
kolla_config
設定ファイルの場所、ディレクトリーのパーミッション、およびサービスを起動するためにコンテナー上で実行するコマンドを定義するコンテナー固有のデータセット
docker_config

サービスの設定コンテナーで実行するタスク。すべてのタスクは以下に示すステップにグループ化され、director が段階的にデプロイメントを行うのに役立ちます。

  • ステップ 1: ロードバランサーの設定
  • ステップ 2: コアサービス (データベース、Redis)
  • ステップ 3: OpenStack Platform サービスの初期設定
  • ステップ 4: OpenStack Platform サービスの全般設定
  • ステップ 5: サービスのアクティブ化
host_prep_tasks
ベアメタルノードがコンテナー化されたサービスに対応するための準備タスク