18.7. 1 つのインスタンスにアタッチすることのできる最大ストレージデバイス数の設定

デフォルトでは、1 つのインスタンスにアタッチすることのできるストレージデバイスの数に制限はありません。デバイスの最大数を制限するには、コンピュート環境ファイルに max_disk_devices_to_attach パラメーターを追加します。以下の例は、max_disk_devices_to_attach の値を「30」に変更する方法を示しています。

parameter_defaults:
   ComputeExtraConfig:
          nova::config::nova_config:
            compute/max_disk_devices_to_attach:
                value: '30'

ガイドラインおよび留意事項

  • インスタンスがサポートするストレージディスクの数は、ディスクが使用するバスにより異なります。たとえば、IDE ディスクバスでは、アタッチされるデバイスは 4 つに制限されます。
  • アクティブなインスタンスを持つコンピュートノードで max_disk_devices_to_attach を変更した場合に、最大数がインスタンスにすでにアタッチされているデバイスの数より小さいと、再ビルドが失敗する可能性があります。たとえば、インスタンス A に 26 のデバイスがアタッチされている場合に、max_disk_devices_to_attach を 20 に変更すると、インスタンス A を再ビルドする要求は失敗します。
  • コールドマイグレーション時には、設定されたストレージデバイスの最大数は、移行する元のインスタンスにのみ適用されます。移動前に移行先が確認されることはありません。つまり、コンピュートノード A に 26 のディスクデバイスがアタッチされていて、コンピュートノード B の最大ディスクデバイスアタッチ数が 20 に設定されている場合に、26 のデバイスがアタッチされたインスタンスをコンピュートノード A からコンピュートノード B に移行するコールドマイグレーションの操作は成功します。ただし、これ以降、コンピュートノード B でインスタンスを再ビルドする要求は失敗します。すでにアタッチされているデバイスの数 26 が、設定された最大値の 20 を超えているためです。
  • 設定された最大値は、退避オフロード中のインスタンスには適用されません。これらのインスタンスはコンピュートノードを持たないためです。
  • 多数のディスクデバイスをインスタンスにアタッチすると、インスタンスのパフォーマンスが低下する可能性があります。お使いの環境がサポートすることのできる限度に基づいて、最大数を調整します。
  • マシン種別 が Q35 のインスタンスは、最大で 500 のディスクデバイスをアタッチすることができます。