7.6. プライベートレジストリーからのコンテナーイメージの取得

registry.redhat.io レジストリーにアクセスしてイメージをプルするには、認証が必要です。registry.redhat.io およびその他のプライベートレジストリーで認証するには、containers-prepare-parameter.yaml ファイルに ContainerImageRegistryCredentials および ContainerImageRegistryLogin パラメーターを含めます。

ContainerImageRegistryCredentials

一部のコンテナーイメージレジストリーでは、イメージにアクセスするのに認証が必要です。そのような場合には、containers-prepare-parameter.yaml 環境ファイルの ContainerImageRegistryCredentials パラメーターを使用します。ContainerImageRegistryCredentials パラメーターは、プライベートレジストリーの URL に基づくキーのセットを使用します。それぞれのプライベートレジストリーの URL は、独自のキーと値のペアを使用して、ユーザー名 (キー) およびパスワード (値) を定義します。これにより、複数のプライベートレジストリーに対して認証情報を指定することができます。

parameter_defaults:
  ContainerImagePrepare:
  - push_destination: true
    set:
      namespace: registry.redhat.io/...
      ...
  ContainerImageRegistryCredentials:
    registry.redhat.io:
      my_username: my_password

上記の例の my_username および my_password を、実際の認証情報に置き換えてください。Red Hat では、個人のユーザー認証情報を使用する代わりに、レジストリーサービスアカウントを作成し、それらの認証情報を使用して registry.redhat.io コンテンツにアクセスすることを推奨します。

複数のレジストリーの認証情報を指定するには、ContainerImageRegistryCredentials でレジストリーごとに複数のキー/ペアの値を設定します。

parameter_defaults:
  ContainerImagePrepare:
  - push_destination: true
    set:
      namespace: registry.redhat.io/...
      ...
  - push_destination: true
    set:
      namespace: registry.internalsite.com/...
      ...
  ...
  ContainerImageRegistryCredentials:
    registry.redhat.io:
      myuser: 'p@55w0rd!'
    registry.internalsite.com:
      myuser2: '0th3rp@55w0rd!'
    '192.0.2.1:8787':
      myuser3: '@n0th3rp@55w0rd!'
重要

デフォルトの ContainerImagePrepare パラメーターは、認証が必要な registry.redhat.io からコンテナーイメージをプルします。

詳しくは、「Red Hat コンテナーレジストリーの認証」を参照してください。

ContainerImageRegistryLogin

ContainerImageRegistryLogin パラメーターを使用して、コンテナーイメージを取得するために、オーバークラウドノードシステムがリモートレジストリーにログインする必要があるかどうかを制御します。このような状況は、アンダークラウドを使用してイメージをホストする代わりに、オーバークラウドノードがイメージを直接プルする場合に発生します。

特定の設定について、push_destination が false に設定されている、または使用されていない場合は、ContainerImageRegistryLogintrue に設定する必要があります。

parameter_defaults:
  ContainerImagePrepare:
  - push_destination: false
    set:
      namespace: registry.redhat.io/...
      ...
  ...
  ContainerImageRegistryCredentials:
    registry.redhat.io:
      myuser: 'p@55w0rd!'
  ContainerImageRegistryLogin: true

ただし、オーバークラウドノードに ContainerImageRegistryCredentials で定義されたレジストリーホストへのネットワーク接続がなく、ContainerImageRegistryLogintrue に設定すると、ログインを試みる際にデプロイメントが失敗する可能性があります。オーバークラウドノードに ContainerImageRegistryCredentials で定義されたレジストリーホストへのネットワーク接続がない場合、push_destinationtrue に、ContainerImageRegistryLoginfalse に設定して、オーバークラウドノードがアンダークラウドからイメージをプルできるようにします。

parameter_defaults:
  ContainerImagePrepare:
  - push_destination: true
    set:
      namespace: registry.redhat.io/...
      ...
  ...
  ContainerImageRegistryCredentials:
    registry.redhat.io:
      myuser: 'p@55w0rd!'
  ContainerImageRegistryLogin: false