10.6. カスタムネットワークにおけるネットワークインターフェーステンプレートの考慮事項

コンポーザブルネットワークを使用する場合には、process-templates.py スクリプトによりレンダリングされる固定のテンプレートに、network_data.yaml および roles_data.yaml ファイルで定義したネットワークおよびロールが含まれます。レンダリングされた NIC テンプレートに以下の項目が含まれるようにします。

  • カスタムコンポーザブルネットワークを含む、各ロールの静的ファイル
  • 各ロールの静的ファイルの正しいネットワーク定義

カスタムネットワークがロールで使用されなくても、各静的ファイルにはすべてのカスタムネットワークの全パラメーター定義が必要です。レンダリングされたテンプレートにこれらのパラメーターが含まれるようにします。たとえば、StorageBackup ネットワークを Ceph ノードだけに追加する場合、全ロールの NIC 設定テンプレートの parameters セクションにもこの定義を含める必要があります。

parameters:
  ...
  StorageBackupIpSubnet:
    default: ''
    description: IP address/subnet on the external network
    type: string
  ...

必要な場合には、VLAN ID とゲートウェイ IP の parameters 定義を含めることもできます。

parameters:
  ...
  StorageBackupNetworkVlanID:
    default: 60
    description: Vlan ID for the management network traffic.
    type: number
  StorageBackupDefaultRoute:
	  description: The default route of the storage backup network.
	  type: string
  ...

カスタムネットワーク用の IpSubnet パラメーターは、各ロールのパラメーター定義に含まれています。ただし、Ceph ロールは StorageBackup ネットワークを使用する唯一のロールなので、Ceph ロールの NIC 設定テンプレートのみがそのテンプレートの network_config セクションの StorageBackup パラメーターを使用することになります。

      $network_config:
        network_config:
        - type: interface
          name: nic1
          use_dhcp: false
          addresses:
          - ip_netmask:
              get_param: StorageBackupIpSubnet