8.3. ネットワークインターフェーステンプレート

オーバークラウドのネットワーク設定には、ネットワークインターフェースのテンプレートセットが必要です。これらのテンプレートは YAML 形式の標準の heat テンプレートです。director がロール内の各ノードを正しく設定できるように、それぞれのロールには NIC のテンプレートが必要です。

すべての NIC のテンプレートには、標準の heat テンプレートと同じセクションが含まれています。

heat_template_version
使用する構文のバージョン
description
テンプレートを説明する文字列
parameters
テンプレートに追加するネットワークパラメーター
resources
parameters で定義したパラメーターを取得し、それらをネットワークの設定スクリプトに適用します。
outputs
設定に使用する最終スクリプトをレンダリングします。

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/config のデフォルト NIC テンプレートは、Jinja2 構文を使用してテンプレートを容易にレンダリングします。たとえば、single-nic-vlans 設定からの以下のスニペットにより、各ネットワークの VLAN セットがレンダリングされます。

{%- for network in networks if network.enabled|default(true) and network.name in role.networks %}
- type: vlan
  vlan_id:
    get_param: {{network.name}}NetworkVlanID
  addresses:
  - ip_netmask:
      get_param: {{network.name}}IpSubnet
{%- if network.name in role.default_route_networks %}

デフォルトのコンピュートノードでは、Storage、Internal API、および Tenant ネットワークのネットワーク情報だけがレンダリングされます。

- type: vlan
  vlan_id:
    get_param: StorageNetworkVlanID
  device: bridge_name
  addresses:
  - ip_netmask:
      get_param: StorageIpSubnet
- type: vlan
  vlan_id:
    get_param: InternalApiNetworkVlanID
  device: bridge_name
  addresses:
  - ip_netmask:
      get_param: InternalApiIpSubnet
- type: vlan
  vlan_id:
    get_param: TenantNetworkVlanID
  device: bridge_name
  addresses:
  - ip_netmask:
      get_param: TenantIpSubnet

デフォルトの Jinja2 ベースのテンプレートを標準の YAML バージョンにレンダリングする方法は、「10章カスタムネットワークインターフェーステンプレート」で説明します。この YAML バージョンを、カスタマイズのベースとして使用することができます。