10.3. ネットワークインターフェースのアーキテクチャー

「カスタマイズのためのデフォルトネットワークインターフェーステンプレートのレンダリング」でレンダリングするカスタム NIC テンプレートには、parameters および resources セクションが含まれます。

パラメーター

parameters セクションには、ネットワークインターフェース用の全ネットワーク設定パラメーターが記載されます。これには、サブネットの範囲や VLAN ID などが含まれます。heat テンプレートは、その親テンプレートから値を継承するので、このセクションは、変更せずにそのまま維持するべきです。ただし、ネットワーク環境ファイルを使用して一部のパラメーターの値を変更することが可能です。

リソース

resources セクションには、ネットワークインターフェースの主要な設定を指定します。大半の場合、編集する必要があるのは resources セクションのみです。各 resources セクションは以下のヘッダーで始まります。

resources:
  OsNetConfigImpl:
    type: OS::Heat::SoftwareConfig
    properties:
      group: script
      config:
        str_replace:
          template:
            get_file: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/scripts/run-os-net-config.sh
          params:
            $network_config:
              network_config:

このスニペットが実行するスクリプト (run-os-net-config.sh) により、os-net-config がノードのネットワーク属性を設定するのに使用する設定ファイルが作成されます。network_config セクションには、run-os-net-config.sh スクリプトに送信されるカスタムのネットワークインターフェースのデータが記載されます。このカスタムインターフェースデータは、デバイスの種別に基づいた順序で並べます。

重要

カスタム NIC テンプレートを作成する場合には、各 NIC テンプレートについて run-os-net-config.sh スクリプトの場所を絶対パスに設定する必要があります。スクリプトは、アンダークラウドの /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/scripts/run-os-net-config.sh に保存されています。