10.8. ネットワーク環境パラメーター

以下の表は、ネットワーク環境ファイルの parameter_defaults セクションで使用することのできるパラメーターをまとめたものです。これらのパラメーターで、ご自分の NIC テンプレートのデフォルトパラメーターの値を上書きします。

パラメーター説明タイプ

ControlPlaneDefaultRoute

コントロールプレーン上のルーターの IP アドレスで、コントローラーノード以外のロールのデフォルトルートとして使用されます。ルーターの代わりに IP マスカレードを使用する場合には、この値をアンダークラウドの IP に設定します。

string

ControlPlaneSubnetCidr

コントロールプレーン上で使用される IP ネットワークの CIDR ネットマスク。コントロールプレーンのネットワークが 192.168.24.0/24 を使用する場合には、CIDR は 24 になります。

文字列 (ただし、実際には数値)

*NetCidr

特定のネットワークの完全なネットワークおよび CIDR ネットマスク。このパラメーターのデフォルト値には、network_data.yaml ファイルで規定するネットワークの ip_subnet が自動的に設定されます。たとえば InternalApiNetCidr: 172.16.0.0/24 になります。

string

*AllocationPools

特定のネットワークに対する IP 割り当て範囲。このパラメーターのデフォルト値には、network_data.yaml ファイルで規定するネットワークの allocation_pools が自動的に設定されます。たとえば InternalApiAllocationPools: [{'start': '172.16.0.10', 'end': '172.16.0.200'}] になります。

ハッシュ

*NetworkVlanID

特定ネットワーク上のノードの VLAN ID。このパラメーターのデフォルト値には、network_data.yaml ファイルで規定するネットワークの vlan が自動的に設定されます。たとえば InternalApiNetworkVlanID: 201 になります。

数値

*InterfaceDefaultRoute

特定のネットワークのルーターアドレスで、ロールのデフォルトルートとして、あるいは他のネットワークへのルートに使用することができます。このパラメーターのデフォルト値には、network_data.yaml ファイルで規定するネットワークの gateway_ip が自動的に設定されます。たとえば InternalApiInterfaceDefaultRoute: 172.16.0.1 になります。

string

DnsServers

resolv.conf に追加する DNS サーバーの一覧。通常は、最大で 2 つのサーバーが許可されます。

コンマ区切りリスト

EC2MetadataIp

オーバークラウドノードのプロビジョニングに使用されるメタデータサーバーの IP アドレス。この値をコントロールプレーン上のアンダークラウドの IP アドレスに設定します。

string

BondInterfaceOvsOptions

ボンディングインターフェースのオプション。たとえば BondInterfaceOvsOptions: "bond_mode=balance-slb" になります。

string

NeutronExternalNetworkBridge

OpenStack Networking (neutron) に使用する外部ブリッジ名のレガシー値。この値はデフォルトでは空欄になっています。したがって、NeutronBridgeMappings で複数の物理ブリッジを定義することができます。通常は、この値をオーバーライドしないでください。

string

NeutronFlatNetworks

neutron プラグインで設定するフラットネットワークを定義します。外部ネットワークを作成できるように、デフォルト値は datacentre に設定されていますたとえば NeutronFlatNetworks: "datacentre" になります。

string

NeutronBridgeMappings

使用する論理ブリッジから物理ブリッジへのマッピング。デフォルト値は、ホストの外部ブリッジ (br-ex) を物理名 (datacentre) にマッピングします。OpenStack Networking (neutron) プロバイダーネットワークまたは Floating IP ネットワークを作成する際に、論理名を参照します。たとえば NeutronBridgeMappings: "datacentre:br-ex,tenant:br-tenant" になります。

string

NeutronPublicInterface

ネットワーク分離を使用しない場合に、ネットワークノード向けに br-ex にブリッジするインターフェースを定義します。通常、ネットワークを 2 つしか持たない小規模なデプロイメント以外では使用しません。たとえば NeutronPublicInterface: "eth0" になります。

string

NeutronNetworkType

OpenStack Networking (neutron) のテナントネットワークタイプ。複数の値を指定するには、コンマ区切りリストを使用します。利用可能なネットワークがすべてなくなるまで、最初に指定した種別が使用されます。その後、次の種別が使用されます。たとえば、NeutronNetworkType: "vxlan" です。デフォルトの ML2 メカニズムドライバーである ML2/OVN メカニズムドライバーでは、vxlan はサポートされない点に注意してください。

string

NeutronTunnelTypes

neutron テナントネットワークのトンネリング種別。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。たとえば NeutronTunnelTypes: 'gre,vxlan' になります。デフォルトの ML2 メカニズムドライバーである ML2/OVN メカニズムドライバーでは、vxlan はサポートされない点に注意してください。

文字列 / コンマ区切りリスト

NeutronTunnelIdRanges

テナントネットワークの割り当てに使用可能にする GRE トンネリングの ID 範囲。たとえば NeutronTunnelIdRanges "1:1000" になります。

string

NeutronVniRanges

テナントネットワークの割り当てに使用可能にする VXLAN VNI の ID 範囲。たとえば NeutronVniRanges: "1:1000" になります。

string

NeutronEnableTunnelling

すべてのトンネル化ネットワークを有効にするか完全に無効にするかを定義します。トンネル化ネットワークを作成する予定がないことが明確な場合を除き、このパラメーターは有効のままにしてください。デフォルト値は true です。

ブール値

NeutronNetworkVLANRanges

サポートする ML2 および Open vSwitch VLAN マッピングの範囲。デフォルトでは、物理ネットワーク datacentre 上の VLAN を許可するように設定されています。複数の値を指定するには、コンマ区切りリストを使用します。たとえば NeutronNetworkVLANRanges: "datacentre:1:1000,tenant:100:299,tenant:310:399" になります。

string

NeutronMechanismDrivers

neutron テナントネットワークのメカニズムドライバー。デフォルト値は ovn です。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。たとえば NeutronMechanismDrivers: 'openvswitch,l2population' になります。

文字列 / コンマ区切りリスト