6.2.4. ロールパラメーターの考察

それぞれのロールには以下のパラメーターが含まれます。

name
(必須) 空白または特殊文字を含まないプレーンテキスト形式のロール名。選択した名前により、他のリソースとの競合が発生しないことを確認します。たとえば、Network の代わりに Networker を名前に使用します。
description
(オプション) プレーンテキスト形式のロールの説明
tags

(オプション) ロールのプロパティーを定義するタグの YAML リスト。このパラメーターを使用してcontrollerprimary タグの両方で、プライマリーロールを定義します。

- name: Controller
  ...
  tags:
    - primary
    - controller
  ...
重要

プライマリーロールをタグ付けしない場合には、最初に定義するロールがプライマリーロールになります。このロールが Controller ロールとなるようにしてください。

networks

ロール上で設定するネットワークの YAML リストまたはディクショナリー。YAML リストを使用する場合には、各コンポーザブルネットワークの一覧を含めます。

  networks:
    - External
    - InternalApi
    - Storage
    - StorageMgmt
    - Tenant

ディクショナリーを使用する場合は、各ネットワークをコンポーザブルネットワークの特定の サブネット にマッピングします。

  networks:
    External:
      subnet: external_subnet
    InternalApi:
      subnet: internal_api_subnet
    Storage:
      subnet: storage_subnet
    StorageMgmt:
      subnet: storage_mgmt_subnet
    Tenant:
      subnet: tenant_subnet

デフォルトのネットワークには、ExternalInternalApiStorageStorageMgmtTenantManagement が含まれます。

CountDefault
(任意) このロールにデプロイするデフォルトのノード数を定義します。
HostnameFormatDefault

(任意) このロールに対するホスト名のデフォルトの形式を定義します。デフォルトの命名規則では、以下の形式が使用されます。

[STACK NAME]-[ROLE NAME]-[NODE ID]

たとえば、コントローラーノード名はデフォルトで以下のように命名されます。

overcloud-controller-0
overcloud-controller-1
overcloud-controller-2
...
disable_constraints
(任意) director によるデプロイ時に OpenStack Compute (nova) および OpenStack Image Storage (glance) の制約を無効にするかどうかを定義します。事前にプロビジョニングされたノードでオーバークラウドをデプロイする場合に、このパラメーターを使用します。詳しくは、『director のインストールと使用方法』「事前にプロビジョニングされたノードを使用した基本的なオーバークラウドの設定」を参照してください。
update_serial

(任意) OpenStack の更新オプション時に同時に更新するノードの数を定義します。roles_data.yaml ファイルのデフォルト設定は以下のとおりです。

  • コントローラー、オブジェクトストレージ、および Ceph Storage ノードのデフォルトは 1 です。
  • コンピュートおよびブロックストレージノードのデフォルトは 25 です。

このパラメーターをカスタムロールから省いた場合のデフォルトは 1 です。

ServicesDefault
(任意) ノード上で追加するデフォルトのサービス一覧を定義します。詳細な情報は、「コンポーザブルサービスアーキテクチャーの考察」を参照してください。

これらのパラメーターを使用して、新規ロールを作成すると共にロールに追加するサービスを定義することができます。

openstack overcloud deploy コマンドは、roles_data ファイルのパラメーターをいくつかのJinja2 ベースのテンプレートに統合します。たとえば、特定の時点で overcloud.j2.yaml heat テンプレートは roles_data.yaml のロールの一覧を繰り返し適用し、対応する各ロール固有のパラメーターとリソースを作成します。

たとえば、overcloud.j2.yaml heat テンプレートの各ロールのリソース定義は、以下のスニペットのようになります。

  {{role.name}}:
    type: OS::Heat::ResourceGroup
    depends_on: Networks
    properties:
      count: {get_param: {{role.name}}Count}
      removal_policies: {get_param: {{role.name}}RemovalPolicies}
      resource_def:
        type: OS::TripleO::{{role.name}}
        properties:
          CloudDomain: {get_param: CloudDomain}
          ServiceNetMap: {get_attr: [ServiceNetMap, service_net_map]}
          EndpointMap: {get_attr: [EndpointMap, endpoint_map]}
...

このスニペットには、Jinja2 ベースのテンプレートが {{role.name}} の変数を組み込み、各ロール名を OS::Heat::ResourceGroup リソースとして定義しているのが示されています。これは、次に roles_data ファイルのそれぞれの name パラメーターを使用して、対応する各 OS::Heat::ResourceGroup リソースを命名します。