9.5. カスタムコンポーザブルネットワークの有効化

デフォルト NIC テンプレートの 1 つを使用してカスタムコンポーザブルネットワークを有効にします。以下の例では、VLAN が設定された単一 NIC のテンプレート (net-single-nic-with-vlans) を使用します。

手順

  1. openstack overcloud deploy コマンドを実行する際に、以下のファイルを追加するようにしてください。

    • カスタム network_data.yaml ファイル
    • ネットワーク/ロール間の割り当てを定義するカスタム roles_data.yaml ファイル
    • デフォルトネットワーク分離のレンダリング済みファイル名
    • デフォルトネットワーク環境ファイルのレンダリング済みファイル名
    • デフォルトネットワークインターフェース設定のレンダリング済みファイル名
    • サービスの再割り当て等、ネットワークに関連するその他の環境ファイル

以下に例を示します。

$ openstack overcloud deploy --templates \
    ...
    -n /home/stack/network_data.yaml \
    -r /home/stack/roles_data.yaml \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-environment.yaml \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/net-single-nic-with-vlans.yaml \
    -e /home/stack/templates/service-reassignments.yaml \
    ...

上記の例に示すコマンドにより、追加のカスタムネットワークを含め、コンポーザブルネットワークがオーバークラウドのノード全体にデプロイされます。

重要

管理ネットワーク等の新しいカスタムネットワークを導入する場合は、テンプレートを再度レンダリングする必要がある点に注意してください。ネットワーク名を roles_data.yaml ファイルに追加するだけでは不十分です。