5.8. rhsm コンポーザブルサービスを使用してオーバークラウドをデプロイします。

Ansible がオーバークラウドノードの登録プロセスを制御するように、rhsm コンポーザブルサービスを使用してオーバークラウドをデプロイします。

手順

  1. openstack overcloud deploy コマンドに rhsm.yml 環境ファイルを追加します。

    openstack overcloud deploy \
        <other cli args> \
        -e ~/templates/rhsm.yaml

    これにより、Ansible のオーバークラウドの設定と、Ansible ベースの登録が有効化されます。

  2. オーバークラウドのデプロイメントが完了するまで待ちます。
  3. オーバークラウドノードのサブスクリプション情報を確認します。たとえば、コントローラーノードにログインして、以下のコマンドを実行します。

    $ sudo subscription-manager status
    $ sudo subscription-manager list --consumed