7.12. ベンダープラグインのデプロイ

一部のサードパーティーハードウェアをブロックストレージのバックエンドとして使用するには、ベンダープラグインをデプロイする必要があります。以下の例で、Dell EMC ハードウェアをブロックストレージのバックエンドとして使用するために、ベンダープラグインをデプロイする方法について説明します。

サポート対象のバックエンドアプライアンスおよびドライバーに関する詳細は、『ストレージガイド』「サードパーティーのストレージプロバイダー」を参照してください。

手順

  1. オーバークラウド用に新たなコンテナーイメージファイルを作成します。

    $ openstack tripleo container image prepare default \
        --local-push-destination \
        --output-env-file containers-prepare-parameter-dellemc.yaml
  2. containers-prepare-parameter-dellemc.yaml ファイルを編集します。
  3. メインの Red Hat OpenStack Platform コンテナーイメージの設定に exclude パラメーターを追加します。このパラメーターを使用して、ベンダーコンテナーイメージで置き換えるコンテナーイメージを除外します。以下の例では、コンテナーイメージは cinder-volume イメージです。

    parameter_defaults:
      ContainerImagePrepare:
        - push_destination: true
          excludes:
      	   - cinder-volume
          set:
            namespace: registry.redhat.io/rhosp-rhel8
            name_prefix: openstack-
            name_suffix: ''
            tag: 16.1
            ...
          tag_from_label: "{version}-{release}"
  4. ContainerImagePrepare パラメーターに、ベンダープラグインの代替コンテナーイメージが含まれる新しい設定を追加します。

    parameter_defaults:
      ContainerImagePrepare:
        ...
        - push_destination: true
          includes:
            - cinder-volume
          set:
            namespace: registry.connect.redhat.com/dellemc
            name_prefix: openstack-
            name_suffix: -dellemc-rhosp16
            tag: 16.1-2
            ...
  5. ContainerImageRegistryCredentials パラメーターに registry.connect.redhat.com レジストリーの認証情報を追加します。

    parameter_defaults:
      ContainerImageRegistryCredentials:
        registry.redhat.io:
          [service account username]: [service account password]
        registry.connect.redhat.com:
          [service account username]: [service account password]
  6. containers-prepare-parameter-dellemc.yaml ファイルを保存します。
  7. openstack overcloud deploy などのデプロイメントコマンドに containers-prepare-parameter-dellemc.yaml ファイルを追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates
        ...
        -e containers-prepare-parameter-dellemc.yaml
        ...

    director がオーバークラウドをデプロイする際に、オーバークラウドは標準のコンテナーイメージの代わりにベンダーのコンテナーイメージを使用します。

    重要
    containers-prepare-parameter-dellemc.yaml ファイルは、オーバークラウドデプロイメント内の標準の containers-prepare-parameter.yaml ファイルを置き換えます。オーバークラウドのデプロイメントに、標準の containers-prepare-parameter.yaml ファイルを含めないでください。アンダークラウドのインストールおよび更新には、標準の containers-prepare-parameter.yaml ファイルを維持します。