第10章 カスタムネットワークインターフェーステンプレート

8章基本的なネットワーク分離」を設定したら、実際の環境内のノードに適したカスタムネットワークインターフェーステンプレートのセットを作成することができます。たとえば、以下のファイルを含めることができます。

  • ネットワーク分離を有効にするための環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml)
  • ネットワークのデフォルト値を設定するための環境ファイル (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-environment.yaml)
  • 各ノードの NIC レイアウトを定義するためのテンプレート。オーバークラウドのコアテンプレートコレクションには、さまざまなユースケースに対応する複数のデフォルトが含まれます。カスタム NIC テンプレートを作成するには、デフォルトの Jinja2 テンプレートをレンダリングしてカスタムテンプレートのベースにします。
  • NIC を有効にするためのカスタム環境ファイル。以下の例では、カスタムインターフェーステンプレートを参照するカスタム環境ファイル (/home/stack/templates/custom-network-configuration.yaml) を用いています。
  • ネットワーク設定パラメーターをカスタマイズするその他の環境ファイル。
  • ネットワークをカスタマイズする場合には、カスタム network_data.yaml ファイル
  • 追加のネットワークまたはカスタムコンポーザブルネットワークを作成する場合には、カスタム network_data.yaml ファイルおよびカスタム roles_data.yaml ファイル
注記

前述の一覧のファイルは一部 Jinja2 形式のファイルで、.j2.yaml の拡張子を持つものがあります。director は、デプロイメント中にこれらのファイルを .yaml バージョンにレンダリングします。

10.1. カスタムネットワークアーキテクチャー

デフォルトの NIC テンプレートは、特定のネットワーク構成には適しない場合があります。たとえば、特定のネットワークレイアウトに適した、専用のカスタム NIC テンプレートを作成しなければならない場合があります。また、コントロールサービスとデータサービスを異なる NIC に分離しなければならない場合があります。このような場合には、サービスから NIC への割り当てを以下のようにマッピングすることができます。

  • NIC1 (プロビジョニング)

    • Provisioning / Control Plane
  • NIC2 (コントロールグループ)

    • Internal API
    • Storage Management
    • External (パブリック API)
  • NIC3 (データグループ)

    • Tenant Network (VXLAN トンネリング)
    • Tenant VLAN / Provider VLAN
    • Storage
    • External VLAN (Floating IP/SNAT)
  • NIC4 (管理)

    • Management