11.2. ルートおよびデフォルトルートの設定

ホストのデフォルトルートは、2 つの方法のどちらかで設定することができます。インターフェースが DHCP を使用しており、DHCP サーバーがゲートウェイアドレスを提供している場合には、システムはそのゲートウェイのデフォルトルートを使用します。それ以外の場合には、固定 IP が指定されたインターフェースにデフォルトのルートを設定することができます。

Linux カーネルは複数のデフォルトゲートウェイをサポートしますが、最も低いメトリックのゲートウェイだけを使用します。複数の DHCP インターフェースがある場合には、どのデフォルトゲートウェイが使用されるかが推測できなくなります。このような場合には、デフォルトルートを使用しないインターフェースに defroute: false を設定することを推奨します。

たとえば、DHCP インターフェース (nic3) をデフォルトのルートに指定する場合があります。そのためには、以下の YAML スニペットを使用して別の DHCP インターフェース (nic2) 上のデフォルトルートを無効にします。

# No default route on this DHCP interface
- type: interface
  name: nic2
  use_dhcp: true
  defroute: false
# Instead use this DHCP interface as the default route
- type: interface
  name: nic3
  use_dhcp: true
注記

defroute パラメーターは、DHCP で取得したルートにのみ適用されます。

静的な IP が指定されたインターフェースに静的なルートを設定するには、サブネットにルートを指定します。たとえば、Internal API ネットワーク上のゲートウェイ 172.17.0.1 を経由するサブネット 10.1.2.0/24 にルートを設定します。

    - type: vlan
      device: bond1
      vlan_id:
        get_param: InternalApiNetworkVlanID
      addresses:
      - ip_netmask:
          get_param: InternalApiIpSubnet
      routes:
      - ip_netmask: 10.1.2.0/24
        next_hop: 172.17.0.1