11.5. ジャンボフレームを細分化するための ML2/OVN ノースバウンドパス MTU 検出の設定

内部ネットワーク上の仮想マシンがジャンボフレームを外部ネットワークに送信する場合、内部ネットワークの最大伝送単位 (MTU) が外部ネットワークの MTU より大きいと、ノースバウンドフレームが外部ネットワークの容量を容易に超過してしまいます。

ML2/OVS はこのオーバーサイズパケットの問題を自動的に処理し、ML2/OVN は TCP パケットについてこの問題を自動的に処理します。

ただし、ML2/OVN メカニズムドライバーを使用するデプロイメントで、オーバーズのノースバウンド UDP パケットを適切に処理するには、追加の設定手順を実施する必要があります。

以下の手順により、ML2/OVN ルーターが ICMP の「fragmentation needed」パケットを送信元の仮想マシンに返すように設定します。この場合、送信元アプリケーションはペイロードをより小さなパケットに分割することができます。

注記

East-West トラフィックでは、OVN は East-West パスの最少 MTU を超えるパケットの断片化をサポートしていません。

前提条件

  • RHEL 8.2.0.4 以降 (kernel-4.18.0-193.20.1.el8_2 以降)

手順

  1. カーネルバージョンを確認します。

    ovs-appctl -t ovs-vswitchd dpif/show-dp-features br-int
  2. 出力に Check pkt length action: No の文字列が含まれる場合、または Check pkt length action の文字列が含まれない場合は、RHEL 8.2.0.4 またはそれ以降にアップグレードしてください。あるいは、MTU がより小さい外部ネットワークにジャンボフレームを送信しないでください。
  3. 出力に Check pkt length action: Yes の文字列が含まれる場合は、ml2_conf.ini の [ovn] セクションに以下の値を設定します。

    ovn_emit_need_to_frag = True