Menu Close

12.5. Linux ボンディングの作成

ネットワークインターフェーステンプレートで linux ボンディングを作成します。たとえば、2 つのインターフェースをボンディングする linux ボンディングを作成することができます。

...
          params:
            $network_config:
              network_config:
              - type: linux_bond
                name: bond1
                members:
                - type: interface
                  name: nic2
                - type: interface
                  name: nic3
                bonding_options: "mode=802.3ad lacp_rate=[fast|slow] updelay=1000 miimon=100"

bonding_options パラメーターは、Linux ボンディング用の特定のボンディングオプションを設定します。

mode
ボンディングモードを設定します。この例では、802.3ad モードまたは LACP モードです。Linux ボンディングモードの詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 8 Configuring and managing networking』の「Upstream Switch Configuration Depending on the Bonding Modes」を参照してください。
lacp_rate
LACP パケットの送信間隔を 1 秒または 30 秒に定義します。
updelay
インターフェースをトラフィックに使用する前にそのインターフェースがアクティブである必要のある最低限の時間を定義します。この最小設定は、ポートフラッピングによる停止を軽減するのに役立ちます。
miimon
ドライバーの MIIMON 機能を使用してポートの状態を監視する間隔 (ミリ秒単位)

以下の追加の例をガイドとして使用し、独自の Linux ボンディングを設定します。

  • 1 つの VLAN を持つ active-backup モードに設定された Linux ボンディング

    ....
              params:
                $network_config:
                  network_config:
                  - type: linux_bond
                    name: bond_api
                    bonding_options: "mode=active-backup"
                    use_dhcp: false
                    dns_servers:
                      get_param: DnsServers
                    members:
                    - type: interface
                      name: nic3
                      primary: true
                    - type: interface
                      name: nic4
    
                  - type: vlan
                    vlan_id:
                      get_param: InternalApiNetworkVlanID
                    device: bond_api
                    addresses:
                    - ip_netmask:
                        get_param: InternalApiIpSubnet
  • 1 つの VLAN を持つ 802.3ad LACP モードに設定された Linux ボンディング

    ...
              params:
                $network_config:
                  network_config:
                -  type: ovs_bridge
                    name: br-tenant
                    use_dhcp: false
                    mtu: 9000
                    members:
                      - type: linux_bond
                        name: bond_tenant
                        bonding_options: "mode=802.3ad updelay=1000 miimon=100"
                        use_dhcp: false
                        dns_servers:
                          get_param: DnsServers
                        members:
                        - type: interface
                          name: p1p1
                          primary: true
                        - type: interface
                          name: p1p2
                      - type: vlan
                        device: bond_tenant
                        vlan_id: {get_param: TenantNetworkVlanID}
                        addresses:
                          -
                            ip_netmask: {get_param: TenantIpSubnet}