第6章 コンポーザブルサービスとカスタムロール

オーバークラウドは、通常コントローラーノードやコンピュートノードなどの事前定義済みロールのノードと、異なる種別のストレージノードで構成されます。これらのデフォルトの各ロールには、director ノード上にあるコアの heat テンプレートコレクションで定義されているサービスセットが含まれます。ただし、特定のサービスのセットが含まれるカスタムロールを作成することもできます。

この柔軟性により、異なるロール上に異なるサービスの組み合わせを作成することができます。本章では、カスタムロールのアーキテクチャー、コンポーザブルサービス、およびそれらを使用する方法について説明します。

6.1. サポートされるロールアーキテクチャー

カスタムロールとコンポーザブルサービスを使用する場合には、以下のアーキテクチャーを使用することができます。

デフォルトアーキテクチャー
デフォルトの roles_data ファイルを使用します。すべての Controller サービスが単一の Controller ロールに含まれます。
サポートされるスタンドアロンのロール
/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles 内の事前定義済みファイルを使用して、カスタムの roles_data ファイルを生成します。詳細な情報は、「サポートされるカスタムロール」を参照してください。
カスタムコンポーザブルサービス
専用のロールを作成し、それらを使用してカスタムの roles_data ファイルを生成します。限られたコンポーザブルサービスの組み合わせしかテスト/検証されていない点に注意してください。Red Hat では、すべてのコンポーザブルサービスの組み合わせに対してサポートを提供することはできません。