5.4. 異なるロールに対する rhsm コンポーザブルサービスの適用

rhsm コンポーザブルサービスをロールごとに適用することができます。たとえば、コントローラーノード、コンピュートノード、および Ceph Storage ノードに、異なる設定セットを適用することができます。

手順

  1. 設定を保存するための環境ファイル (templates/rhsm.yml) を作成します。
  2. 環境ファイルに設定を追加します。以下は例になります。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/rhsm/rhsm-baremetal-ansible.yaml
    parameter_defaults:
      ControllerParameters:
        RhsmVars:
          rhsm_repos:
            - rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
            - ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - rhceph-4-mon-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
          rhsm_username: "myusername"
          rhsm_password: "p@55w0rd!"
          rhsm_org_id: "1234567"
          rhsm_pool_ids: "55d251f1490556f3e75aa37e89e10ce5"
          rhsm_method: "portal"
          rhsm_release: 8.2
      ComputeParameters:
        RhsmVars:
          rhsm_repos:
            - rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
            - ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - openstack-16.1-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
          rhsm_username: "myusername"
          rhsm_password: "p@55w0rd!"
          rhsm_org_id: "1234567"
          rhsm_pool_ids: "55d251f1490556f3e75aa37e89e10ce5"
          rhsm_method: "portal"
          rhsm_release: 8.2
      CephStorageParameters:
        RhsmVars:
          rhsm_repos:
            - rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
            - rhel-8-for-x86_64-highavailability-rpms
            - ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - openstack-16.1-deployment-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - rhceph-4-osd-for-rhel-8-x86_64-rpms
            - rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms
          rhsm_username: "myusername"
          rhsm_password: "p@55w0rd!"
          rhsm_org_id: "1234567"
          rhsm_pool_ids: "68790a7aa2dc9dc50a9bc39fabc55e0d"
          rhsm_method: "portal"
          rhsm_release: 8.2

    resource_registry は、各ロールで利用可能な OS::TripleO::Services::Rhsm リソースに rhsm コンポーザブルサービスを関連付けます。

    ControllerParametersComputeParameters、および CephStorageParameters パラメーターはいずれも、個別の RhsmVars パラメーターを使用してサブスクリプションの情報をそれぞれのロールに渡します。

    注記

    Red Hat Ceph Storage のサブスクリプションおよび Ceph Storage 固有のリポジトリーを使用するように、CephStorageParameters パラメーター内の RhsmVars パラメーターを設定します。rhsm_repos パラメーターに、コントローラーノードおよびコンピュートノードに必要な Extended Update Support (EUS) リポジトリーではなく、標準の Red Hat Enterprise Linux リポジトリーが含まれるようにします。

  3. 環境ファイルを保存します。