第5章 Ansible ベースのオーバークラウド登録

director は、Ansible ベースのメソッドを使用して、オーバークラウドノードを Red Hat カスタマーポータルまたは Red Hat Satellite Server に登録します。

以前のバージョンの Red Hat OpenStack Platform の rhel-registration メソッドを使用していた場合は、それを無効にして Ansible ベースのメソッドに切り替える必要があります。詳しい情報は、「rhsm コンポーザブルサービスへの切り替え」および「rhel-registration から rhsm へのマッピング」を参照してください。

director ベースの登録メソッドに加えて、デプロイメント後に手動で登録することもできます。詳細は、「手動による Ansible ベースの登録の実行」を参照してください。

5.1. Red Hat Subscription Manager (RHSM) コンポーザブルサービス

rhsm コンポーザブルサービスを使用して、Ansible を介してオーバークラウドノードを登録することができます。デフォルトの roles_data ファイルの各ロールには、OS::TripleO::Services::Rhsm リソースが含まれており、これはデフォルトで無効になっています。サービスを有効にするには、このリソースを rhsm コンポーザブルサービスのファイルに登録します。

resource_registry:
  OS::TripleO::Services::Rhsm: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/rhsm/rhsm-baremetal-ansible.yaml

rhsm コンポーザブルサービスは RhsmVars パラメーターを受け入れます。これを使用して、登録に必要な複数のサブパラメーターを定義することができます。

parameter_defaults:
  RhsmVars:
    rhsm_repos:
      - rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms
      - rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms
      - rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
      …​
    rhsm_username: "myusername"
    rhsm_password: "p@55w0rd!"
    rhsm_org_id: "1234567"
    rhsm_release: 8.2

RhsmVars パラメーターをロール固有のパラメーター (例: ControllerParameters) と共に使用することにより、異なるノードタイプ用の特定のリポジトリーを有効化する場合に柔軟性を提供することもできます。