第18章 ストレージの設定

本章では、オーバークラウドのストレージオプションを設定するためのさまざまな方法について説明します。

重要

オーバークラウドは、デフォルトのストレージオプションにローカルおよび LVM のストレージを使用します。これらのオプションはエンタープライズレベルのオーバークラウドではサポートされないので、本章で説明するストレージオプションの 1 つを使用するようにオーバークラウドを設定する必要があります。

18.1. NFS ストレージの設定

NFS 共有を使用するようにオーバークラウドを設定するには、カスタム環境ファイルを作成します。

重要

Red Hat では、認定済みのストレージバックエンドおよびドライバーを使用することを推奨します。Red Hat では、汎用 NFS バックエンドの NFS を使用することを推奨していません。認定済みのストレージバックエンドおよびドライバーと比較すると、その機能に制限があるためです。たとえば、汎用 NFS バックエンドは、ボリュームの暗号化やボリュームのマルチアタッチなどの機能をサポートしません。サポート対象のドライバーについての情報は、Red Hat Ecosystem Catalog を参照してください。

注記

director のさまざまな heat パラメーターにより、NFS バックエンドまたは NetApp NFS Block Storage バックエンドが NetApp 機能 (NAS secure と呼ばれる) をサポートするかどうかが制御されます。

  • CinderNetappNasSecureFileOperations
  • CinderNetappNasSecureFilePermissions
  • CinderNasSecureFileOperations
  • CinderNasSecureFilePermissions

通常のボリューム操作に干渉するため、Red Hat では、この機能を有効にすることを推奨していません。director はデフォルトでこの機能を無効にするため、Red Hat OpenStack Platform はこの機能をサポートしません。

注記

Block Storage (cinder) サービスおよび Compute (nova) サービスには、NFS バージョン 4.0 以降を使用する必要があります。

手順

  1. カスタム環境ファイルを作成します。

    $ vi /home/stack/templates/custom_env.yaml
  2. 以下のパラメーターを追加して NFS ストレージを設定します。

    parameter_defaults:
      CinderEnableIscsiBackend: false
      CinderEnableNfsBackend: true
      GlanceBackend: file
      CinderNfsServers: 192.0.2.230:/cinder
      GlanceNfsEnabled: true
      GlanceNfsShare: 192.0.2.230:/glance
    注記

    CinderNfsMountOptions および GlanceNfsOptions パラメーターのデフォルト値で、ほとんどの Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インストールで十分な NFS マウントオプションが有効になります。同じ NFS サーバーを共有するように複数のサービスを設定する際に問題が発生した場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください。

  3. -e オプションを使用して、openstack overcloud deploy に新しいコンテンツが含まれる環境ファイルを追加します。デプロイメントに該当するその他すべての環境ファイルを追加するようにしてください。

    $ openstack overcloud deploy \
    	...
      -e /home/stack/templates/custom_env.yaml