21.2. Fujitsu FOS Switch

/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/neutron-ml2-fujitsu-fossw.yaml にある環境ファイルを使用して、Fujitsu FOS Switch プラグインを有効にすることができます。

手順

  1. 環境ファイルを templates サブディレクトリーにコピーします。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/neutron-ml2-fujitsu-fossw.yaml /home/stack/templates/
  2. resource_registry で絶対パスを使用するように編集します。

    resource_registry:
      OS::TripleO::Services::NeutronML2FujitsuFossw: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/services/neutron-plugin-ml2-fujitsu-fossw.yaml
  3. /home/stack/templates/neutron-ml2-fujitsu-fossw.yamlparameter_defaults を確認します。

    • NeutronFujitsuFosswIps: 全 FOS スイッチの IP アドレス (コンマ区切りリスト)
    • NeutronFujitsuFosswUserName: 使用する FOS ユーザー名 (文字列)
    • NeutronFujitsuFosswPassword: FOS ユーザーアカウントのパスワード (文字列)
    • NeutronFujitsuFosswPort: SSH 接続に使用するポート番号 (数値)
    • NeutronFujitsuFosswTimeout: SSH 接続のタイムアウト時間 (数値)
    • NeutronFujitsuFosswUdpDestPort: FOS スイッチ上の VXLAN UDP 宛先のポート番号 (数値)
    • NeutronFujitsuFosswOvsdbVlanidRangeMin: VNI および物理ポートのバインディングに使用する範囲内の最小の VLAN ID (数値)
    • NeutronFujitsuFosswOvsdbPort: FOS スイッチ上の OVSDB サーバー用のポート番号 (数値)
  4. デプロイメントにテンプレートを適用するには、openstack overcloud deploy コマンドで環境ファイルを指定します。

    $ openstack overcloud deploy --templates -e /home/stack/templates/neutron-ml2-fujitsu-fossw.yaml [OTHER OPTIONS] ...