14.7. SSL/TLS の有効化

手順

  1. heat テンプレートコレクションから enable-tls.yaml の環境ファイルをコピーします。

    $ cp -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ssl/enable-tls.yaml ~/templates/.
  2. このファイルを編集して、下記のパラメーターに以下の変更を加えます。

    SSLCertificate

    証明書ファイル (server.crt.pem)のコンテンツを SSLCertificate パラメーターにコピーします。

    parameter_defaults:
      SSLCertificate: |
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        MIIDgzCCAmugAwIBAgIJAKk46qw6ncJaMA0GCSqGS
        ...
        sFW3S2roS4X0Af/kSSD8mlBBTFTCMBAj6rtLBKLaQ
        -----END CERTIFICATE-----
    重要

    この証明書の内容に新しく追加する行は、すべて同じレベルにインデントする必要があります。

    SSLIntermediateCertificate

    中間証明書がある場合、中間証明書のコンテンツを SSLIntermediateCertificate パラメーターにコピーします。

    parameter_defaults:
      SSLIntermediateCertificate: |
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        sFW3S2roS4X0Af/kSSD8mlBBTFTCMBAj6rtLBKLaQbIxEpIzrgvpBCwUAMFgxCzAJB
        ...
        MIIDgzCCAmugAwIBAgIJAKk46qw6ncJaMA0GCSqGSIb3DQE
        -----END CERTIFICATE-----
    重要

    この証明書の内容に新しく追加する行は、すべて同じレベルにインデントする必要があります。

    SSLKey

    秘密鍵 (server.key.pem) の内容を SSLKey パラメーターにコピーします。

    parameter_defaults:
      ...
      SSLKey: |
        -----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
        MIIEowIBAAKCAQEAqVw8lnQ9RbeI1EdLN5PJP0lVO
        ...
        ctlKn3rAAdyumi4JDjESAXHIKFjJNOLrBmpQyES4X
        -----END RSA PRIVATE KEY-----
    重要

    この秘密鍵の内容に新しく追加する行は、すべて同じレベルにインデントする必要があります。