14.9. DNS エンドポイントの設定

DNS ホスト名を使用して SSL/TLS でオーバークラウドにアクセスする場合には、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/predictable-placement/custom-domain.yaml ファイルを /home/stack/templates ディレクトリーにコピーします。

注記

この環境ファイルが初回のデプロイメントに含まれていない場合は、TLS-everywhere のアーキテクチャーで再デプロイすることはできません。

すべてのフィールドのホスト名およびドメイン名を設定し、必要に応じてカスタムネットワークのパラメーターを追加します。

CloudDomain
ホストの DNS ドメイン
CloudName
オーバークラウドエンドポイントの DNS ホスト名
CloudNameCtlplane
プロビジョニングネットワークエンドポイントの DNS 名
CloudNameInternal
Internal API エンドポイントの DNS 名
CloudNameStorage
ストレージエンドポイントの DNS 名
DnsServers
使用する DNS サーバーの一覧。設定済みの DNS サーバーには、パブリック API の IP アドレスに一致する設定済みの CloudName へのエントリーが含まれていなければなりません。
CloudNameStorageManagement

ストレージ管理エンドポイントの DNS 名

  1. 新規または既存の環境ファイルのいずれかで、パラメーターのデフォルトセクションに使用する DNS サーバーの一覧を追加します。

    parameter_defaults:
      DnsServers: ["10.0.0.254"]
      ....