15.2. IdM へのアンダークラウドの追加

アンダークラウドを IdM に登録して novajoin を設定します。undercloud.conf ファイルの [DEFAULT] セクションで、以下の設定を行います。

手順

  1. novajoin サービスを有効にします。

    [DEFAULT]
    enable_novajoin = true
  2. アンダークラウドノードを IdM に登録できるように、ワンタイムパスワード (OTP) を設定します。

    ipa_otp = <otp>
  3. neutron の DHCP サーバーが提供するオーバークラウドのドメイン名が IdM ドメインと一致するようにします。たとえば、小文字の kerberos レルム。

    overcloud_domain_name = <domain>
  4. アンダークラウドに適切なホスト名を設定します。

    undercloud_hostname = <undercloud FQDN>
  5. アンダークラウドのネームサーバーとして IdM を設定します。

    undercloud_nameservers = <IdM IP>
  6. より大規模な環境の場合には、novajoin の接続タイムアウト値を見直します。undercloud.conf ファイルで、undercloud-timeout.yaml という名前の新規ファイルへの参照を追加します。

    hieradata_override = /home/stack/undercloud-timeout.yaml

    undercloud-timeout.yaml に以下のオプションを追加します。タイムアウト値は秒単位で指定することができます (例: 5)。

    nova::api::vendordata_dynamic_connect_timeout: <timeout value>
    nova::api::vendordata_dynamic_read_timeout: <timeout value>
  7. undercloud.conf ファイルを保存します。
  8. アンダークラウドのデプロイコマンドを実行して、既存のアンダークラウドに変更を適用します。

    $ openstack undercloud install