第2章 Block Storage とボリューム

Block Storage サービス (openstack-cinder) は、全ボリュームの管理タスク、セキュリティー、スケジューリング、全体を管理します。コンピュートインスタンス用の永続ストレージとしては、ボリュームが主に使用されます。

ボリュームのバックアップについての詳しい情報は、『 Block Storage Backup Guide 』を参照してください。

2.1. バックエンド

Red Hat OpenStack Platform は、OpenStack Platform director を使用してデプロイされます。director を使用することで、Block Storage サービス (拡張でバックエンドも含む) など、各サービスが正しく設定されるようにします。director には、複数のバックエンド設定が統合されています。

Red Hat OpenStack Platform は、Block Storage バックエンドとして Red Hat Ceph および NFS をサポートします。デフォルトでは、Block Storage サービスは、ボリュームのリポジトリーとして LVM バックエンドを使用します。このバックエンドはテスト環境に適しますが、LVM は実稼働環境ではサポートされません。

OpenStack を使用した Ceph のデプロイ手順については、『コンテナー化された Red Hat Ceph を持つオーバークラウドのデプロイ』 を参照してください。

オーバークラウドで NFS ストレージを設定する方法は、『オーバークラウドの 高度なカスタマイズ』 の「NFS ストレージの設定」を参照してください。

2.1.1. サードパーティーのストレージプロバイダー

Block Storage サービスをサポート対象のサードパーティー製ストレージアプライアンスを使用するように設定することも可能です。さまざまなバックエンドソリューションを簡単にデプロイできるように、director にはそれに必要なコンポーネントが含まれています。

サポート対象のバックエンドアプライアンスおよびドライバーの完全な一覧は、「Component, Plug-In, and Driver Support in Red Hat OpenStack Platform」を参照してください。一部のバックエンドには個別のガイドがあり、Red Hat OpenStack Storage のドキュメントサイトを参照してください。