第10章 Bare Metal (ironic) パラメーター

パラメーター説明

AdditionalArchitectures

有効にする追加のアーキテクチャーの一覧

ContainerIronicApiConfigImage

ironic_api の config_volume に使用するコンテナーイメージ

ContainerIronicApiImage

イメージ

ContainerIronicConductorImage

イメージ

ContainerIronicConfigImage

ironic の config_volume に使用するコンテナーイメージ

ContainerIronicInspectorConfigImage

ironic_inspector の config_volume に使用するコンテナーイメージ

ContainerIronicInspectorImage

イメージ

ContainerIronicPxeImage

イメージ

IPAImageURLs

IPA イメージの URL。形式は ["http://path/to/kernel", "http://path/to/ramdisk"] とする必要があります。

IronicAutomatedClean

自動消去を有効または無効にします。自動消去を無効にすると、セキュリティー上の問題が生じ、再ビルド時にデプロイメントに失敗する場合があります。この機能の無効化がもたらす影響を理解した上で、このパラメーターを False に設定してください。デフォルト値は True です。

IronicCleaningDiskErase

初回のデプロイメントおよび再デプロイメントの前に行うディスク消去の種類。完全消去するには full を指定し、ディスクのメタデータのみを消去するには metadata を指定します (パーティションテーブル)。デフォルト値は full です。

IronicCleaningNetwork

ベアメタルノードの消去に使用するオーバークラウドネットワークの名前または UUID。初期のデプロイメント時 (ネットワークがまだ作成されていない時点) には provisioning に設定し、デプロイ後のスタック更新時に実際の UUID に変更します。デフォルト値は provisioning です。

IronicConductorGroup

OpenStack Bare Metal (ironic) Conductor グループの名前

IronicConfigureSwiftTempUrlKey

「direct」および「ansible」デプロイインターフェースで使用する Swift の一時 URL を設定するかどうかを定義します。デフォルト値は True です。

IronicCorsAllowedOrigin

このリソースがリクエストの「元」ヘッダーで受け取るドメインと共有されるかどうかを示します。

IronicDefaultBootOption

ベアメタルインスタンスのブート方法。ローカルのブートローダーを使用するには local に設定します (パーティションイメージには grub2 が必要です)。PXE/iPXE を使用してコントローラーからインスタンスをブートするようにするには、netboot に設定します。デフォルト値は local です。

IronicDefaultDeployInterface

デフォルトで使用するデプロイインターフェースの実装。ハードウェア種別のデフォルトを使用する場合には、空白のままにします。

IronicDefaultInspectInterface

デフォルトで使用する検査インターフェースの実装。ハードウェア種別のデフォルトを使用する場合には、空白のままにします。

IronicDefaultNetworkInterface

デフォルトで使用されるネットワークインターフェースの実装。フラットなプロバイダーネットワークを使用するには、flat に設定します。他のネットワーク種別と特定の高度なネットワーク機能を有効にするために OpenStack Bare Metal (ironic) が OpenStack Networking (neutron) ML2 ドライバーと対話するようにするには、neutron に設定します。IronicProvisioningNetwork を正しく設定する必要があります。デフォルト値は flat です。

IronicDefaultRescueInterface

使用するデフォルトレスキューの実装。「agent」レスキューには互換性のある RAM ディスクを使用する必要があります。デフォルト値は agent です。

IronicDefaultResourceClass

新しいノードで使用するデフォルトのリソースクラス

IronicDeployLogsStorageBackend

RAM ディスクログの保管に使用するバックエンドで、「local」または「swift」のいずれかです。デフォルト値は local です。

IronicEnableStagingDrivers

ステージングドライバーの使用を有効にするかどうか。デフォルト値は False です。

IronicEnabledBiosInterfaces

有効にする BIOS インターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['no-bios'] です。

IronicEnabledBootInterfaces

有効にするブートインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['ipxe', 'pxe'] です。

IronicEnabledConsoleInterfaces

有効にするコンソールインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['ipmitool-socat', 'no-console'] です。

IronicEnabledDeployInterfaces

有効にするデプロイインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['iscsi', 'direct'] です。

IronicEnabledHardwareTypes

有効にする OpenStack Bare Metal (ironic) のハードウェア種別。デフォルト値は ['ipmi', 'redfish'] です。

IronicEnabledInspectInterfaces

有効にする検査インターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['no-inspect'] です。

IronicEnabledManagementInterfaces

有効にする管理インターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['ipmitool', 'noop', 'redfish'] です。

IronicEnabledNetworkInterfaces

有効にするネットワークインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['flat', 'neutron'] です。

IronicEnabledPowerInterfaces

有効にする電源インターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['ipmitool', 'redfish'] です。

IronicEnabledRaidInterfaces

有効にする RAID インターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['no-raid', 'agent'] です。

IronicEnabledRescueInterfaces

有効にするレスキューインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['no-rescue', 'agent'] です。

IronicEnabledStorageInterfaces

有効にするストレージインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['cinder', 'noop'] です。

IronicEnabledVendorInterfaces

有効にするベンダーインターフェースの実装。各ハードウェア種別に対して、少なくとも 1 つ適切な実装を有効にする必要があります。デフォルト値は ['ipmitool', 'no-vendor'] です。

IronicForcePowerStateDuringSync

同期中、電源状態を強制的に変更するかどうか。デフォルト値は True です。

IronicIPXEEnabled

デプロイメントに PXE の代わりに iPXE を使用するかどうか。デフォルト値は True です。

IronicIPXEPort

iPXE の使用時にイメージの提供に使用するポート。デフォルト値は 8088 です。

IronicIPXETimeout

IPXE のタイムアウト (秒単位)。タイムアウトを無効にするには 0 に設定します。デフォルト値は 60 です。

IronicImageDownloadSource

「direct」デプロイインターフェースのイメージ配信メソッド。Object Storage の一時 URL の場合には「swift」を使用し、ローカルの HTTP サーバー (iPXE 用と同じ) の場合には「http」を使用します。デフォルト値は swift です。

IronicInspectorCollectors

IPA 検査コレクターのコンマ区切りリスト。デフォルト値は default,logs です。

IronicInspectorDiscoveryDefaultDriver

新規検出されたノードに使用するデフォルトのドライバー (IronicInspectorEnableNodeDiscovery が True に設定されている必要があります)。このドライバーは、enabled_drivers に自動的に追加されます。デフォルト値は ipmi です。

IronicInspectorEnableNodeDiscovery

OpenStack Bare Metal (ironic) でイントロスペクションの RAM ディスクを PXE ブートする未知のノードを ironic-inspector が登録するようにします。新規ノードに使用するデフォルトのドライバーは IronicInspectorDiscoveryDefaultDriver パラメーターによって指定されます。このドライバーは、イントロスペクションのルールを使用して指定することもできます。デフォルト値は False です。

IronicInspectorExtraProcessingHooks

デフォルトリストに追記するプロセスフックのコンマ区切りリスト。デフォルト値は extra_hardware,lldp_basic,local_link_connection です。

IronicInspectorIPXEEnabled

検査に iPXE を使用するかどうか。デフォルト値は True です。

IronicInspectorInterface

検査の dnsmasq がリッスンするネットワークインターフェース。デフォルト値は br-ex です。

IronicInspectorIpRange

検査プロセス中にノードに提供される一時的な IP 範囲。これは、OpenStack Networking (neutron) DHCP によって割り当てられる範囲と重なってはいけませんが、ironic-inspector に戻るようにルーティングする必要があります。このオプションには有意なデフォルトがないため、設定は必須です。

IronicInspectorKernelArgs

OpenStack Bare Metal (ironic) インスペクターのカーネル引数。デフォルト値は ipa-inspection-dhcp-all-interfaces=1 ipa-collect-lldp=1 ipa-debug=1 です。

IronicInspectorSubnets

検査プロセス中にノードに提供される一時的な IP 範囲。これらの範囲は、OpenStack Networking (neutron) DHCP によって提供される範囲と重なってはなりませんが、ironic-inspector API に戻るようにルーティングする必要があります。このオプションには有意なデフォルトがなく、設定は必須です。

IronicInspectorUseSwift

イントロスペクションデータの保管に Swift を使用するかどうか。デフォルト値は True です。

IronicIpVersion

PXE ブートに使用する IP バージョン。デフォルト値は 4 です。

IronicPassword

Bare Metal サービスおよびデータベースアカウントのパスワード

IronicProvisioningNetwork

IronicDefaultNetworkInterfaceneutron に設定されている場合に、ベアメタルノードのプロビジョニングに使用されるオーバークラウドネットワークの名前または UUID。初期のデプロイメント時 (ネットワークがまだ作成されていない時点) には provisioning に設定し、デプロイ後のスタック更新時に実際の UUID に変更します。デフォルト値は provisioning です。

IronicRescuingNetwork

IronicDefaultRescueInterface が「no-rescue」に設定されていない場合に、ベアメタルノードのレスキューに使用される オーバークラウド ネットワークの名前または UUID。デフォルト値の「provisioning」は、初期のデプロイメント中 (ネットワークがまだ作成されていない間) はそのまま使用することができますが、デプロイメント後のスタックの更新時には実際の UUID に変更する必要があります。デフォルト値は provisioning です。

IronicRpcTransport

メッセージングブローカーや JSON RPC など、コンダクターと API プロセス間のリモートプロシージャーコールのトランスポート