19.4. レイヤー 3 高可用性 (HA) におけるプロジェクトの留意事項

レイヤー 3 高可用性 (HA) 設定はバックエンドで行われており、プロジェクトがそれを認識することはありません。通常通り、プロジェクトは仮想ルーターの作成/管理を続けることができます。ただし、レイヤー 3 HA の実装を設計する場合に留意すべき制限事項があります。

  • レイヤー 3 HA がサポートする仮想ルーターの数は、プロジェクトごとに最大で 255 個です。
  • 内部の VRRP メッセージは、個別の内部ネットワーク内でトランスポートされ、プロジェクトごとに自動的にこれらのメッセージが作成されます。このプロセスは、ユーザーが意識すること無く行われます。