第10章 Quality of Service (QoS) ポリシーの設定

Quality of Service (QoS) ポリシーを使用して送信および受信トラフィックにレート制限を適用することで、さまざまなインスタンスのサービスレベルを提供することができます。

個別のポートに QoS ポリシーを適用することができます。QoS ポリシーをプロジェクトネットワークに適用することもできます。この場合、特定のポリシーが設定されていないポートは、ネットワークのポリシーを継承します。

注記

DHCP や内部ルーターポート等の内部ネットワークが所有するポートは、ネットワークポリシーの適用から除外されます。

QoS ポリシーは、動的に適用、変更、削除することができます。ただし、最小帯域幅を確保する QoS ポリシーについては、ポリシーが割り当てられたポートを使用するインスタンスがない場合に限り、変更を適用することができます。

10.1. QoS ルール

以下のルール種別で、特定の Quality of Service (QoS) ポリシーの制限を定義します。

  • bandwidth_limit: ネットワーク、ポート、または Floating IP での帯域幅を制限します。このルール種別を実装すると、指定したレートを超過するトラフィックはすべてドロップされます。
  • minimum_bandwidth: 特定のトラフィック種別での最小帯域幅の制約を提供します。このルール種別を実装すると、ルールが適用される各ポートに指定した最小帯域幅を提供するための最大限の努力が行われます。
  • dscp_marking: ネットワークトラフィックに Differentiated Services Code Point (DSCP) 値をマーキングします。

関連する手順

以下の手順で、各ルール種別で QoS ポリシーを作成する方法を説明します。