2.5.3. ML2 メカニズムドライバー

共通のコードベースを使用するメカニズムとして、プラグインが実装されるようになりました。このアプローチにより、コードの再利用が可能になる上、コードのメンテナンスとテストにおける複雑性が大幅に軽減されます。

注記

サポート対象のメカニズムドライバーの一覧は、『リリースノート』 を参照してください。

デフォルトのメカニズムドライバーは OVN です。ml2_conf.ini ファイルの ML2 セクションで、メカニズムドライバーを有効にします。以下に例を示します。

[ml2]
mechanism_drivers = ovn
注記

これらの設定は、Red Hat OpenStack Platform director により管理されます。手動で変更しないでください。