7.2.2. ネットワークノードとコンピュートノードの設定

ネットワークノードおよびコンピュートノードを外部ネットワークに接続し、インスタンスが外部ネットワークと直接通信できるように、これらのノードで以下の手順を実施します。

1. Open vSwitch ブリッジとポートを作成します。以下のコマンドを実行し、外部ネットワークのブリッジ (br-ex) を作成して、対応するポート (eth1) を追加します。

i. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 を編集します。

DEVICE=eth1
TYPE=OVSPort
DEVICETYPE=ovs
OVS_BRIDGE=br-ex
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=none

ii. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br-ex を編集します。

DEVICE=br-ex
TYPE=OVSBridge
DEVICETYPE=ovs
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=none

2. network サービスを再起動して、これらの変更を適用します。

 # systemctl restart network.service

3. /etc/neutron/plugins/ml2/openvswitch_agent.ini で物理ネットワークを設定して、ブリッジを物理ネットワークにマッピングします。

注記

bridge_mappings の設定に関する詳しい情報は、「 11章ブリッジマッピングの設定 」を参照してください。

bridge_mappings = physnet1:br-ex

4.ネットワークノードとコンピュートノードで neutron-openvswitch-agent サービスを再起動して、これらの変更を適用します。

 # systemctl restart neutron-openvswitch-agent