8.5.6. 物理 NIC 上での LACP の設定

  1. /home/stack/network-environment.yaml ファイルを編集します。

    - type: linux_bond
      name: bond1
      mtu: 9000
      bonding_options:{get_param: BondInterfaceOvsOptions};
      members:
        - type: interface
          name: nic3
          mtu: 9000
          primary: true
        - type: interface
          name: nic4
          mtu: 9000
  2. Open vSwitch ブリッジが LACP を使用するように設定します。

    BondInterfaceOvsOptions:
        "mode=802.3ad"

ネットワークボンディングの設定方法についての説明は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』の「ネットワークインターフェースボンディング」の章を参照してください。