3.2. NFV デプロイメントでサポートされている構成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) では、director を使用して以下の NFV デプロイメントがサポートされます。

  • Single Root I/O Virtualization (SR-IOV)
  • Data Plane Development Kit 対応 Open vSwitch (OVS-DPDK)

また、以下のどの機能と共に RHOSP をデプロイすることもできます。

注記

Red Hat の組み込み OpenDaylight SDN ソリューションは、RHOSP 14 で非推奨になりました。バグ修正を含む Red Hat の OpenDaylight に対するサポートは、RHOSP 13 のライフサイクルと共に終了します (計画では 2021 年 6 月 27 日)。

デフォルトのソフトウェア定義ネットワーク (SDN) ソリューションとして Open Virtual Network (OVN) を使用する RHOSP NFV デプロイメントはサポートされません。OVS メカニズムドライバーと共に RHOSP をデプロイするには、以下の手順を使用します。

手順

  1. containers-prepare-parameter.yaml ファイルを修正し、neutron_driver パラメーターを null に設定します。

    parameter_defaults:
      ContainerImagePrepare:
      - push_destination: true
        set:
         neutron_driver: null
         ...
  2. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services ディレクトリーの neutron-ovs.yaml 環境ファイルを、デプロイメント用スクリプトに追加します。

    TEMPLATES=/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates
    
    openstack overcloud deploy --templates \
    -e ${TEMPLATES}/environments/network-environment.yaml \
    -e ${TEMPLATES}/environments/network-isolation.yaml \
    -e ${TEMPLATES}/environments/services/neutron-ovs.yaml \
    -e ${TEMPLATES}/environments/services/neutron-ovs-dpdk.yaml \
    -e ${TEMPLATES}/environments/services/neutron-sriov.yaml \
    -e /home/stack/containers-prepare-parameter.yaml