6.5. SR-IOV 用インスタンスのデプロイ

ホストアグリゲートを使用して、ハイパフォーマンスコンピュートホストを分離します。ホストアグリゲートの作成およびスケジューリング用の関連フレーバーについての情報は、「ホストアグリゲートの作成」を参照してください。

注記

CPU ピニングを設定したインスタンスと設定していないインスタンスを、同じコンピュートノードに配置することができます。詳しくは、『インスタンス&イメージガイド』の「 コンピュートノードでの CPU ピニング の設定」を参照してください。

以下の手順を実施して、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) 用インスタンスをデプロイします。

  1. フレーバーを作成します。

    # openstack flavor create <flavor> --ram <MB> --disk <GB> --vcpus <#>
    ヒント

    フレーバーに追加スペック hw:pci_numa_affinity_policy を追加して、PCI パススルーデバイスおよび SR-IOV インターフェースの NUMA アフィニティーポリシーを指定することができます。詳しくは、『 インスタンス&イメージガイド』の「 フレーバーのメタデータの更新 」を参照し てください。

  2. ネットワークを作成します。

    # openstack network create net1 --provider-physical-network tenant --provider-network-type vlan --provider-segment <VLAN-ID>
    # openstack subnet create subnet1 --network net1 --subnet-range 192.0.2.0/24 --dhcp
  3. ポートを作成します。

    • SR-IOV Virtual Function (VF) ポートを作成するには、vnic-type に direct を使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct sriov_port
    • ハードウェアオフロードを有効にして Virtual Function を作成するには、以下のコマンドを使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct --binding-profile '{"capabilities": ["switchdev"]} sriov_hwoffload_port
    • SR-IOV PF ポートを作成するには、vnic-type に direct-physical を使用します。

      # openstack port create --network net1 --vnic-type direct-physical sriov_port
  4. インスタンスをデプロイします。

    # openstack server create --flavor <flavor> --image <image> --nic port-id=<id> <instance name>