はじめに

Red Hat OpenStack Platform は、Red Hat Enterprise Linux 上にプライベートまたはパブリッククラウドを構築するための基盤を提供します。これにより、スケーラビリティーが極めて高く、耐障害性に優れたプラットフォームをクラウド対応のワークロード開発にご利用いただくことができます。

本ガイドでは、Red Hat OpenStack Platform director を使用して、NFV デプロイメント向けに Single Root Input/Output Virtualization (SR-IOV) および Data Plane Development Kit 対応 Open vSwitch (OVS-DPDK) のプランニングおよび設定を行う方法について説明します。