第10章 例: OVS-DPDK および SR-IOV ならびに VXLAN トンネリングの設定

本項では、OVS-DPDK および SR-IOV インターフェースの両方を持つコンピュートノードをデプロイする方法について説明します。クラスターには ML2/OVS および VXLAN トンネリングが含まれます。

重要

OVS-DPDK 用の OpenStack ネットワークを最適化するには、network-environment.yaml ファイルに設定する OVS-DPDK パラメーターの最適な値を判断する必要があります。詳しくは、「 ワークフローを使用した DPDK パラメーターの算出」を 参照してください。

10.1. ロールデータの設定

Red Hat OpenStack Platform では、roles_data.yaml ファイルにデフォルトロールのセットが用意されています。独自の roles_data.yaml ファイルを作成して、必要なロールをサポートすることができます。

以下の例では、ComputeOvsDpdkSriov ロールを作成します。Red Hat OpenStack Platform でのロール作成に関する情報は、『オーバークラウドの 高度なカスタマイズ』 を参照してください。以下の例で使用する特定のロールの詳細については、「roles_data.yaml」を参照してください。