4.4. ホストアグリゲートの管理

パフォーマンスおよび管理目的で、単一の Compute デプロイメントを複数の論理グループにパーティショニングすることができます。OpenStack では以下のような用語を使用しています。

  • ホストアグリゲート: ホストアグリゲートは、ホストをグループ化してまとめることによって OpenStack デプロイメント内に論理ユニットを作成します。アグリゲートは、割り当てられた Compute ホストと関連付けられたメタデータです。1 台のホストは複数のアグリゲートに属することが可能です。ホストアグリゲートの表示と作成ができるのは管理者のみです。

    アグリゲートのメタデータは通常、Compute のスケジューラーで使用する情報を提供します (例: 特定のフレーバーやイメージを複数のホストの 1 つのサブネットに制限するなど)。ホストアグリゲートで指定されるメタデータは、フレーバー内で同じメタデータが指定されているインスタンスにホストの使用を限定します。

    管理者は、ホストアグリゲートを使用して、ロードバランスの処理、物理的な分離 (または冗長) の強制、共通の属性を持つサーバーのグループ化、ハードウェアクラスの分類などを行うことができます。アグリゲートの作成時には、ゾーン名を指定する必要があります。この名前がエンドユーザーに表示されます。

  • アベイラビリティーゾーン: アベイラビリティーゾーンとは、ホストアグリゲートのエンドユーザーのビューです。エンドユーザーはゾーンがどのホストで構成されているかを表示したり、ゾーンのメタデータを確認したりすることはできません。ユーザーが見ることができるのはゾーン名のみです。

    一定の機能や一定のエリア内で設定された特定のゾーンを使用するようにエンドユーザーを誘導することができます。

4.4.1. ホストアグリゲートのスケジューリングの有効化

デフォルトでは、ホストアグリゲートのメタデータは、インスタンスの使用先のフィルタリングには使用されません。メタデータの使用を有効にするには、Compute のスケジューラーの設定を更新する必要があります。

  1. Compute 環境ファイルを開きます。
  2. NovaSchedulerDefaultFilters パラメーターにまだ以下の値がなければ、値を追加します。

    • ホストアグリゲートのメタデータ用の AggregateInstanceExtraSpecsFilter

      注記

      同じ NovaSchedulerDefaultFilters パラメーターの値として AggregateInstanceExtraSpecsFilter および ComputeCapabilitiesFilter フィルターの両方を指定する場合には、フレーバー extra_specs の設定にスコープを定義した仕様を使用する必要があります。使用しない場合には、ComputeCapabilitiesFilter は適切なホストの選択に失敗します。これらのフィルター用にフレーバー extra_specs キーのスコープを定義するのに使用する名前空間の詳細は、表4.7「スケジューリングフィルター」 を参照してください。

    • インスタンス起動時のアベイラビリティーゾーンのホスト仕様用の AvailabilityZoneFilter
  3. 設定ファイルを保存します。
  4. オーバークラウドをデプロイします。