付録A イメージの設定パラメーター

以下のキーは、glance image-update および glance image-create の両コマンドの property オプションに使用することができます。

$ glance image-update IMG-UUID --property architecture=x86_64
注記

イメージのプロパティーを使用して設定した動作は、フレーバーを使用して設定した動作よりも優先されます。詳細は、「フレーバーの管理」を参照してください。

表A.1 プロパティーのキー

対象コンポーネントキー説明サポートされている値

すべて

architecture

ハイパーバイザーがサポートする必要のある CPU アーキテクチャー。たとえば、x86_64armppc64 等。マシンのアーキテクチャーを確認するには、uname -m を実行します。このためには、libosinfo project で定義されているアーキテクチャーデータボキャブラリーを使用することを強く推奨します。

  • alpha: DEC 64 ビット RISC
  • armv7l: ARM Cortex-A7 MPCore
  • cris: Ethernet, Token Ring, AXis-Code Reduced Instruction Set
  • i686: Intel 第 6 世代 x86 (P6 マイクロアーキテクチャー)
  • ia64: Itanium
  • lm32: Lattice Micro32
  • m68k: Motorola 68000
  • microblaze: Xilinx 32 ビット FPGA (Big Endian)
  • microblazeel: Xilinx 32 ビット FPGA (Little Endian)
  • mips: MIPS 32 ビット RISC (Big Endian)
  • mipsel: MIPS 32 ビット RISC (Little Endian)
  • mips64: MIPS 64 ビット RISC (Big Endian)
  • mips64el: MIPS 64 ビット RISC (Little Endian)
  • openrisc: OpenCores RISC
  • parisc: HP Precision Architecture RISC
  • parisc64: HP Precision Architecture 64 ビット RISC
  • ppc: PowerPC 32 ビット
  • ppc64: PowerPC 64 ビット
  • ppcemb: PowerPC (組み込み向け 32 ビット)
  • s390: IBM Enterprise Systems Architecture/390
  • s390x: S/390 64 ビット
  • sh4: SuperH SH-4 (Little Endian)
  • sh4eb: SuperH SH-4 (Big Endian)
  • sparc: Scalable Processor Architecture 32 ビット
  • sparc64: Scalable Processor Architecture 64 ビット
  • unicore32: Microprocessor Research and Development Center RISC Unicore32
  • x86_64: IA-32 の 64 ビット拡張
  • xtensa: Tensilica Xtensa 構成可能マイクロプロセッサーコア
  • xtensaeb: Tensilica Xtensa 構成可能マイクロプロセッサーコア (Big Endian)

すべて

hypervisor_type

ハイパーバイザーのタイプ

kvmvmware

すべて

instance_uuid

スナップショットイメージの場合、このイメージを作成するのに使用したサーバーの UUID

有効なサーバーの UUID

すべて

kernel_id

AMI 形式のイメージをブートする際にカーネルとして使用する必要のある Image サービスに保管されているイメージの ID

有効なイメージ ID

すべて

os_distro

オペレーティングシステムのディストリビューションの小文字による一般名 (libosinfo project と同じデータボキャブラリーを使用)。このフィールドには認識済みの値のみを指定します。認識済みの値の検索で役立つように、非推奨の値を示します。

  • arch: Arch Linux。archlinux および org.archlinux は使用しないでください。
  • centos: Community Enterprise Operating System。org.centos および CentOS は使用しないでください。
  • debian: Debian。Debian および org.debian は使用しないでください。
  • fedora: Fedora。Fedora、org.fedora、org.fedoraproject は使用しないでください。
  • freebsd: FreeBSD。org.freebsd、freeBSD、FreeBSD は使用しないでください。
  • gentoo: Gentoo Linux。Gentoo および org.gentoo は使用しないでください。
  • mandrake: Mandrakelinux (MandrakeSoft) ディストリビューション。mandrakelinux および MandrakeLinux は使用しないでください。
  • mandriva: Mandriva Linux。mandrivalinux は使用しないでください。
  • mes: Mandriva Enterprise Server。mandrivaent および mandrivaES は使用しないでください。
  • msdos: Microsoft Disc Operating System。ms-dos は使用しないでください。
  • netbsd: NetBSD。NetBSD および org.netbsd は使用しないでください。
  • netware: Novell NetWare。novell および NetWare は使用しないでください。
  • openbsd: OpenBSD。OpenBSD および org.openbsd は使用しないでください。
  • opensolaris: OpenSolaris。OpenSolaris および org.opensolaris は使用しないでください。
  • opensuse: openSUSE。suse、SuSE、org.opensuse は使用しないでください。
  • rhel: Red Hat Enterprise Linux。redhat、RedHat、com.redhat は使用しないでください。
  • sled: SUSE Linux Enterprise Desktop。com.suse は使用しないでください。
  • ubuntu: Ubuntu。Ubuntu、com.ubuntu、org.ubuntu、canonical は使用しないでください。
  • windows: Microsoft Windows。com.microsoft.server は使用しないでください。

すべて

os_version

ディストリビューターによって指定されるオペレーティングシステムのバージョン

バージョン番号 (例:「11.10」)

すべて

ramdisk_id

AMI 形式のイメージをブートする際に ramdisk として使用する必要のある、Image サービスに保管されているイメージの ID

有効なイメージ ID

すべて

vm_mode

仮想マシンのモード。仮想マシンに使用されるホスト/ゲストの ABI (アプリケーションバイナリーインターフェース) を示します。

hvm: 完全仮想化。これは QEMU および KVM で使用されるモードです。

libvirt API ドライバー

hw_disk_bus

ディスクデバイスの接続先となるディスクコントローラーのタイプを指定します。

scsivirtioideusb のいずれか。iscsi を使用している場合には、hw_scsi_modelvirtio-scsi に設定する必要がある点に注意してください。

libvirt API ドライバー

hw_numa_nodes

インスタンスに公開する NUMA ノードの数 (フレーバーの定義はオーバーライドしません)

整数。NUMA トポロジー定義の詳しい例は、「メタデータの追加」で「hw:NUMA_def key」を参照してください。

libvirt API ドライバー

hw_numa_cpus.0

仮想 CPU N-M から NUMA ノード 0 へのマッピング (フレーバーの定義はオーバーライドしません)

整数のコンマ区切りリスト

libvirt API ドライバー

hw_numa_cpus.1

仮想 CPU N-M から NUMA ノード 1 へのマッピング (フレーバーの定義はオーバーライドしません)

整数のコンマ区切りリスト

libvirt API ドライバー

hw_numa_mem.0

N MB の RAM から NUMA ノード 0 へのマッピング (フレーバーの定義はオーバーライドしません)

整数

libvirt API ドライバー

hw_numa_mem.1

N MB の RAM から NUMA ノード 1 へのマッピング (フレーバーの定義はオーバーライドしません)

整数

libvirt API ドライバー

hw_qemu_guest_agent

ゲストエージェントのサポート。yes に設定し、かつ qemu-ga もインストールされている場合には、ファイルシステムが休止 (フリーズ) し、スナップショットが自動的に作成されます。

yes / no

libvirt API ドライバー

hw_rng_model

乱数生成器をイメージのインスタンスに追加します。インスタンスのフレーバーを設定することにより、クラウド管理者は、デバイスの動作を有効化して制御することができます。デフォルトでは以下のように設定されます。

  • 乱数生成器は無効化されます。
  • /dev/random がデフォルトのエントロピーソースとして使用されます。物理ハードウェアの乱数生成器を指定するには、Compute 環境ファイルで rng_dev_path を「/dev/hwrng」に設定します。

virtio またはその他のサポートされているデバイス

libvirt API ドライバー

hw_scsi_model

VirtIO SCSI (virtio-scsi) の使用を有効にして、コンピュートインスタンスのブロックデバイスアクセスを提供します。デフォルトでは、インスタンスは VirtIO Block (virtio-blk) を使用します。VirtIO SCSI は準仮想化 SCSI コントローラーデバイスで、より高いスケーラビリティーとパフォーマンスを提供し、高度な SCSI ハードウェアに対応します。

virtio-scsi

libvirt API ドライバー

hw_video_model

使用されるビデオイメージドライバー

vgacirrusvmvgaxenqxl

libvirt API ドライバー

hw_video_ram

ビデオイメージの最大 RAM。フレーバーの extra_specshw_video:ram_max_mb の値が設定済みで、かつその値が hw_video_ram で設定されている値を上回る場合にのみ使用されます。

整数 (MB 単位。例: 64)

libvirt API ドライバー

hw_watchdog_action

サーバーがハングした場合に指定したアクションを実行する仮想ハードウェアウォッチドッグデバイスを有効にします。このウォッチドッグは、i6300esb デバイスを使用します (PCI Intel 6300ESB をエミュレート)。hw_watchdog_action が指定されていない場合には、ウォッチドッグは無効になります。

  • disabled: デバイスは接続されていません。イメージのフレーバーを使用して有効化されている場合でも、ユーザーがイメージのウォッチドッグを無効にすることができます。このパラメーターのデフォルト値は「disabled」です。
  • reset: ゲストを強制的にリセットします。
  • poweroff: ゲストの電源を強制的に切断します。
  • pause: ゲストを一時停止します。
  • none: ウォッチドッグを有効化するのみで、サーバーがハングした場合には何もしません。

libvirt API ドライバー

os_command_line

デフォルトではなく、libvirt ドライバーで使用されるカーネルコマンドライン。Linux Containers (LXC) の場合は、この値が初期化の引数として使用されます。このキーは、Amazon カーネル、ramdisk、またはマシンイメージ (aki、ari、または ami) にのみ有効です。

 

libvirt API ドライバーおよび VMware API ドライバー

hw_vif_model

使用する仮想ネットワークインターフェースデバイスのモデルを指定します。

設定したハイパーバイザーによって有効なオプションは異なります。

  • KVM および QEMU: e1000、ne2k_pci、pcnet、rtl8139、virtio
  • VMware: e1000、e1000e、VirtualE1000、VirtualE1000e、VirtualPCNet32、VirtualSriovEthernetCard、VirtualVmxnet
  • Xen: e1000、netfront、ne2k_pci、pcnet、rtl8139

VMware API ドライバー

vmware_adaptertype

ハイパーバイザーが使用する仮想 SCSI または IDE コントローラー

lsiLogicbusLogic、または ide

VMware API ドライバー

vmware_ostype

イメージにインストールされているオペレーティングシステムを示す VMware GuestID。この値は、仮想マシンの作成時にハイパーバイザーに渡されます。指定しなかった場合には、このキーの値はデフォルトの otherGuest に設定されます。

詳細は、「Images with VMware vSphere」を参照してください。

VMware API ドライバー

vmware_image_version

現在は使用されていません。

1

XenAPI ドライバー

auto_disk_config

true に指定した場合には、ディスク上の root パーティションは、インスタンスがブートする前に自動的にリサイズされます。この値は、Xen ベースのハイパーバイザーを XenAPI ドライバーと共に使用する場合にのみ Compute サービスによって考慮されます。Compute サービスは、イメージに単一のパーティションがあり、かつそのパーティションが ext3 またはext4 のフォーマットの場合にのみリサイズを試みます。

true / false

libvirt API ドライバーおよび XenAPI ドライバー

os_type

イメージ上にインストールされるオペレーティングシステム。XenAPI ドライバーには、イメージの os_type パラメーターの値によって異なるアクションを実行するロジックが組み込まれています。たとえば、os_type=windows イメージの場合には、Linux スワップパーティションの代わりに、FAT32 ベースのスワップパーティションを作成し、挿入されるホスト名を 16 文字未満に制限します。

linux または windows