2.2.2. オーバークラウドコンテナーイメージの準備

Red Hat OpenStack Platform(RHOSP)ではすべてのサービスがコンテナー化されているので、openstack overcloud image prepare コマンドを使用してオーバークラウド用のコンテナーイメージを準備する必要があります。ceph および manila サービスのデフォルトイメージをコンテナーレジストリーに追加する追加オプションを指定して、このコマンドを入力します。Ceph MDS および NFS-Ganesha サービスは、同じ Ceph ベースのコンテナーイメージを使用します。

コンテナーイメージに関する詳しい情報は、『 director のインストールと 使用 方法』の「追加のサービス用 コンテナーイメージ」を参照してください。

手順

  1. stack ユーザーとしてアンダークラウドから、-e を指定して openstack overcloud image prepare コマンドを入力し、以下の環境ファイルを追加します。

    $ openstack overcloud container image prepare \
      ...
      -e  /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml \
      -e  /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/manila.yaml \
      ...
  2. grep コマンドを使用して、ceph および manila サービスのデフォルトイメージが containers-default-parameters.yaml ファイルに含まれていることを確認します。

    [stack@undercloud-0 ~]$ grep -E 'ceph|manila' composable_roles/docker-images.yaml
    DockerCephDaemonImage: 192.168.24.1:8787/rhceph-beta/rhceph-4-rhel8:4-12
    DockerManilaApiImage: 192.168.24.1:8787/rhosp-rhel8/openstack-manila-api:2019-01-16
    DockerManilaConfigImage: 192.168.24.1:8787/rhosp-rhel8/openstack-manila-api:2019-01-16
    DockerManilaSchedulerImage: 192.168.24.1:8787/rhosp-rhel8/openstack-manila-scheduler:2019-01-16
    DockerManilaShareImage: 192.168.24.1:8787/rhosp-rhel8/openstack-manila-share:2019-01-16

2.2.2.1. カスタムロールファイルの生成

ControllerStorageNFS カスタムロールにより、StorageNFS 分離ネットワークを設定します。このロールはデフォルトの Controller.yaml ロールファイルに類似していますが、StorageNFS ネットワークおよび CephNfs サービス (OS::TripleO::Services:CephNfs コマンドで表される) が追加されています。

[stack@undercloud ~]$ cd /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles
[stack@undercloud roles]$ diff Controller.yaml ControllerStorageNfs.yaml
16a17
> 	- StorageNFS
50a45
> 	- OS::TripleO::Services::CephNfs

openstack overcloud roles generate コマンドについての詳しい情報は、『オーバークラウドの 高度なカスタマイズ』 の「ロール」を参照してください。https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/16.0/html-single/advanced_overcloud_customization/index#roles

openstack overcloud roles generate コマンドにより、-o 以降に指定したサービスが含まれるカスタム roles_data.yaml ファイルが作成されます。以下の例では、作成される roles_data.yaml ファイルには、ControllerStorageNfsCompute、および CephStorage のサービスが含まれます。

注記

既存の roles_data.yaml ファイルがある場合には、それを変更して設定ファイルに ControllerStorageNfsCompute、および CephStorage サービスを追加します。詳しい情報は、『オーバークラウドの 高度なカスタマイズ』 の「 ロール 」を参照してください。

手順

  1. アンダークラウドノードに stack ユーザーとしてログインします。
  2. openstack overcloud roles generate コマンドを使用して、roles_data.yaml ファイルを作成します。

    [stack@undercloud ~]$ openstack overcloud roles generate --roles-path /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/roles -o /home/stack/roles_data.yaml ControllerStorageNfs Compute CephStorage