1.2. Ceph File System のアーキテクチャー

Ceph File System (CephFS) は分散ファイルシステムで、NFS v4 プロトコルを使用する NFS-Ganesha (サポート対象) または CephFS ネイティブドライバーのいずれかと共に使用することができます。

1.2.1. ネイティブドライバーを使用する CephFS

CephFS ネイティブドライバーは、OpenStack Shared File Systems サービス (manila) と Red Hat Ceph Storage を結び付けます。Red Hat OpenStack (RHOSP) director を使用する場合、コントローラーノードはマネージャー、メタデータサーバー (MDS)、および モニター (MON) 等の Ceph デーモンならびに Shared File Systems サービスをホストします。

コンピュートノードは 1 つまたは複数のプロジェクトをホストすることができます。以下の図で白い長方形で表されるプロジェクト (従来はテナントと呼ばれていた) には、ユーザー管理の仮想マシン (2 つの NIC を持つ灰色の長方形で表される) が含まれます。ceph および manila デーモンプロジェクトにアクセスするには、パブリック Ceph ストレージネットワーク経由でデーモンに接続します。このネットワーク上で、Ceph オブジェクトストレージデーモン (OSD) の提供するストレージノードに保管されたデータにアクセスすることができます。プロジェクトがホストするインスタンス (仮想マシン) は、2 つの NIC と共に起動します。1 つの NIC はストレージプロバイダーネットワーク専用で、2 つ目の NIC は外部プロバイダーネットワークに接続するためのプロジェクト所有のルーター専用です。

ストレージプロバイダーネットワークは、プロジェクト上で動作する仮想マシンをパブリック Ceph ストレージネットワークに接続します。Ceph パブリックネットワークは、Ceph オブジェクトストレージノード、メタデータサーバー (MDS)、およびコントローラーノードへのバックエンドアクセスを提供します。ネイティブドライバーを使用する場合、CephFS では、クォータの適用、確実なプロジェクト間の分離、およびセキュリティー確保のために、クライアントおよびサーバーとの協調が必要になります。ネイティブドライバーを使用する CephFS は、プライベートクラウド上の信頼済みエンドユーザーが定義された環境で適切に機能します。この構成での協調および適切な動作のためには、ソフトウェアはユーザーの管理下で動作している必要があります。

cephfs nfs topology native driver