付録A Google Cloud Storage の設定

Google Cloud Storage をバックアップバックエンドとして使用するように Block Storage サービス (cinder) を設定するには、以下の手順を完了します。

  1. Google アカウントのサービスアカウント認証情報を作成してダウンロードします。

  2. 必要な Block Storage 設定をマッピングする環境ファイルを作成します。

  3. 作成した環境ファイルで、オーバークラウドを再デプロイします。

前提条件

  • 昇格した特権を持つアカウントのユーザー名およびパスワードを所有している。作成した stack ユーザーアカウントを使用して、オーバークラウドをデプロイできます。詳しくは、『 director のインストールと使用方法』 を参照してください。
  • Google Cloud Platform にアクセスできる Google アカウントがある。Block Storage サービスはこのアカウントを使用してアクセスし、Google Cloud を使用してバックアップを保存します。

A.1. GCS 認証情報ファイルの作成

Block Storage サービス (cinder) では、Google クラウドにアクセスしてバックアップに使用するために、Google 認証情報が必要です。サービスアカウントキーを作成することで、この認証情報を Block Storage サービスに提供できます。

手順

  1. Google アカウントで Google デベロッパーコンソール (http://console.developers.google.com) にログインします。
  2. 認証情報 タブをクリックし、認証情報の作成 ドロップダウンメニューから サービスアカウントの鍵 を選択します。

    creds create

  3. Create service account key 画面で、Block Storage サービスで使用するサービスアカウントを Service account ドロップダウンメニューから選択します。

    creds json compengine

  4. 同じ画面で、Keyの種類のセクションから JSON を選択し、作成 をクリックします。次に、ブラウザーはキーをデフォルトのダウンロード場所にダウンロードします。

    creds key

  5. ファイルを開き、project_id パラメーターの値を書き留めておきます。

    {
      "type": "service_account",
      "project_id": "*cloud-backup-1370*",
    ...
  6. GCS JSON 認証情報のコピーを /home/stack/templates/Cloud-Backup.json に保存します。

    重要な影響
    ファイルCloud-Backup.jsonに名前を付け、ファイル名は変更しないでください。この JSON ファイルは、cinder-backup-gcs.yamlの作成」 の手順で作成するcinder-backup-gcs.yaml ファイルと同じディレクトリーの場所に存在する必要があります。