3.2. 増分バックアップ

Block Storage のバックアップサービスを使用すると、増分バックアップを実行できます。

3.2.1. パフォーマンスに関する考慮事項

増分やデータ圧縮などのバックアップ機能の一部は、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。増分バックアップは、ボリューム内のデータをすべて読み込み、完全バックアップと各増分バックアップの両方でサムチェックを行う必要があるため、パフォーマンスに影響を及ぼします。

Ceph 以外のバックエンドではデータ圧縮を使用できます。データ圧縮を有効にするには、追加の CPU 電力が必要になりますが、使用するネットワーク帯域幅とストレージ領域は全体で少なくなります。

マルチパスの設定はパフォーマンスにも影響します。マルチパスを有効にせずに複数のボリュームを接続すると、接続できなくなるか、完全なネットワーク機能が利用できなくなる可能性があります。これはパフォーマンスに影響を及ぼします。

詳細設定オプションを使用して、圧縮の有効化または無効化、プロセス数の定義、およびその他の CPU リソースの追加を行うことができます。詳細は「付録B 高度な Block Storage のバックアップ設定オプション」を参照してください。

3.2.1.1. スナップショットからのバックアップの影響

バックエンドの中には、スナップショットからのバックアップの作成に対応するものもあります。この機能に対応するドライバーでは、スナップショットを直接割り当てることができます。これにより、スナップショットをボリュームにクローンするのと比較して速くなり、ボリュームに割り当てることができるようになります。通常、この機能はスナップショットからボリュームを作成する手順が追加されたため、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。