19.4. Open vSwitch ファイアウォールの使用

Red Hat OpenStack Platform director で Open vSwitch (OVS) ファイアウォールドライバーを使用するためのセキュリティーグループを設定することができます。NeutronOVSFirewallDriver パラメーターで、使用するファイアウォールドライバーを指定することができます。

  • iptables_hybrid: neutron が iptables/ハイブリッドベースの実装を使用するように設定します。
  • openvswitch: neutron が OVS ファイアウォールのフローベースのドライバーを使用するように設定します。

openvswitch ファイアウォールドライバーはパフォーマンスがより高く、ゲストをプロジェクトネットワークに接続するためのインターフェースとブリッジの数を削減します。

注記

iptables_hybrid オプションは、OVS-DPDK との互換性はありません。

network-environment.yaml ファイルで NeutronOVSFirewallDriver パラメーターを設定します。

NeutronOVSFirewallDriver: openvswitch
  • NeutronOVSFirewallDriver: セキュリティーグループの実装時に使用するファイアウォールドライバーの名前を設定します。設定可能な値は、お使いのシステム構成により異なります。例としては、noopopenvswitchiptables_hybrid 等が挙げられます。デフォルト値である空の文字列は iptables_hybrid と等価です。