Menu Close

2.2. Red Hat OpenStack Platform director

本項では、director の最も重要な新機能について説明します。

オールインワンオーバークラウドのデプロイ

本リリースでは、Controller サービスおよび Compute サービスを含むスタンドアロンのオーバークラウドをデプロイする機能が追加されました。(高可用性はサポートされません。)

  • Standalone.yaml ロールファイルを使用したオールインワンオーバークラウドのデプロイ。
  • オールインワンオーバークラウドのサービスの有効化および無効化。
  • 追加の環境ファイルを使用したサービスのカスタマイズ。
  • 以下のサービスは、デフォルトで有効です。

    • Keystone
    • Nova および関連サービス
    • Neutron および関連サービス
    • Glance
    • Cinder
    • Swift
    • Horizon
統一されたコンポーザブルサービスのテンプレート

本リリースでは、/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/ に統一されたコンポーザブルサービスのテンプレートセットが含まれています。これらのテンプレートは、以前のテンプレートセットからのサービス設定をマージします。

  • コンテナー対応テンプレートは、従来 /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/docker/services/ にありました。
  • Puppet ベースのテンプレートは、従来 /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/services/ にありました。

OS::TripleO::Services Heat 名前空間で始まるほとんどのサービスリソースが、統一されたテンプレートセットを参照するようになりました。一部の特殊なサービスは、引き続き /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/puppet/services/ の従来のテンプレートを参照します。