Menu Close

2.3. Compute

本項では、Compute サービスの最も重要な新機能について説明します。

vSwitch による NUMA の考慮 (完全サポート)
OpenStack Compute では、コンピュートインスタンスの起動時に物理 NIC の NUMA ノードの場所が考慮されるようになりました。この機能改善は、DPDK 対応のインターフェースを管理する際のレイテンシー軽減およびパフォーマンス向上に役立ちます。
コンピュートノードの再起動後に仮想マシンのステータスを管理するパラメーター

コンピュートノードを再起動した後に、仮想マシン (VM) を以前の状態に復帰させるかどうかを判断するために、以下のパラメーターを利用できるようになりました。

  • NovaResumeGuestsStateOnHostBoot (True/False)
  • NovaResumeGuestsShutdownTimeout (デフォルト: 300 秒)
配置サービスによる特性を使用したホストのスケジューリング
コンピュートノードは、そのコンピュートノードに対応するリソースプロバイダーの特性として、ホストがサポートする CPU 命令セット拡張を報告するようになりました。インスタンスは、イメージメタデータまたはフレーバーの追加スペックを使用して、これらの中から必要な特性を指定することができます。この機能は、Libvirt QEMU (x86)、Libvirt KVM (x86)、または Libvirt KVM (ppc64) 仮想化ドライバーを使用するデプロイメントで利用することができます。詳しい情報は、『Instances and Images Guide』の「Configure Placement Service Traits」を参照してください。