Menu Close

第4章 IP アドレス使用のプランニング

OpenStack のデプロイメントでは、予想以上の数の IP アドレスが使用される可能性があります。本項は、必要な数のアドレスを適切に予測できるようにサポートすることを目的とし、さらに IP アドレスがどこで使用されるかを説明します。

注記

VIP (別称: 仮想 IP アドレス): 仮想 IP アドレスとは HA サービスをホストし、基本的に複数のコントローラーノード間で共有される IP アドレスです。

4.1. 複数の VLAN の使用

OpenStack のデプロイメントを計画する際には、デプロイメントに使用するサブネットの数から開始します。この数に基づいて、各アドレスをどのように使用していくかを割り当てることができるはずです。複数のサブネットを使用すると、システム間のトラフィックを VLAN に分割することができます。たとえば、通常は、管理または API トラフィックは、Web トラフィックにサービスを提供するシステムと同じネットワークを共有しないようにする必要があります。また VLAN 間のトラフィックは、ルーター経由で伝送する必要があります。この構成では、ファイアウォールを設置してトラフィックフローをさらに制御することができます。