Menu Close

16.3. アンダークラウドの前提条件

本項の前提は以下のとおりです。

  • アンダークラウドがインストール済みで、Octavia を有効化してオーバークラウドをデプロイする準備が整っている。
  • コンテナーベースのデプロイメントのみがサポートされる。
  • Octavia はコントローラーノードで実行される。
注記

既存のオーバークラウドデプロイメントで Octavia サービスを有効にする場合には、アンダークラウドを準備する必要があります。準備を行わないと、Octavia が動作していない状態でオーバークラウドのインストールは成功と報告されます。アンダークラウドを準備するには、『Transitioning to Containerized Services』を参照してください。

16.3.1. Octavia のサポートマトリックス

表16.1 Octavia のサポートマトリックス

OSP 13 のバージョン

ML2/OVS

ML2/OVN

ODL

L3 HA

DVR

L3 HA およびコンポーザブルネットワークノード

DVR およびコンポーザブルネットワークノード[a]

OVN

DVR

 

GA

      

z1

      

z2

  

  

z3

  

 

z4

  

z5

[a] ネットワークノードと OVS、メタデータ、DHCP、L3、および Octavia (ワーカー、ヘルスモニター、ハウスキーピング) の組み合わせ。

16.3.2. Octavia の制限事項

Octavia では以下の機能はサポートされません。

  • LBaaS v2 とhaproxy の組み合わせ (LBaaS v2 API とサードパーティーベンダーの組み合わせはサポートされます。)
  • UDP ネットワーク
  • IPv6 での TLS 内部 API
  • TLS 終端リスナー
  • アクティブスタンバイロードバランサートポロジー
  • コンポーザブルロール[1]
  • ヘルスモニターの ping タイプ
  • プロバイダーのドライバー (リファレンスドライバーの amphora はサポートされます。)


[1] サポートされる構成は、ネットワークノード上で動作する L3/DHCP、Octavia ヘルスマネージャー、ハウスキーピング、およびワーカーサービスならびにコントローラーノード上で動作する Octavia API だけです。