Menu Close

14.3. 既知の問題および警告

注記

Red Hat OpenStack Platform 15 では、カーネルバージョンが kernel-3.10.0-514.1.1.el7 以降でない場合には、DVR は使用しないでください。

  • DVR のサポートは、ML2 のコアプラグイン、Open vSwitch (OVS) のメカニズムドライバー、および OVN に制限されます。他のバックエンドはサポートされません。
  • DVR が有効化されている場合でも、SNAT トラフィックは分散されません。SNAT は機能しますが、送信/受信トラフィックは中央のコントローラーノードを経由する必要があります。
  • DVR が有効化されている場合でも、IPv6 トラフィックは分散されません。IPv6 ルーティングは機能しますが、送信/受信トラフィックはすべて中央のコントローラーノードを経由する必要があります。IPv6 ルーティングを広範囲にわたって使用している場合には、今回は DVR を使用しないことを推奨します。
  • DVR は、L3 HA を使用する場合にはサポートされません。Red Hat OpenStack Platform 15 director では、DVR を使用する場合は、L3 HA はオフになります。つまり、ルーターはこれまでどおりネットワークノードでスケジューリングされ (また L3 エージェントの間で負荷が共有され) ますが、エージェントが機能しなくなると、このエージェントがホストするすべてのルーターも機能しなくなります。この影響を受けるのは、SNAT トラフィックのみです。allow_automatic_l3agent_failover 機能を使用すると、1 つのネットワークノードに障害が発生してもルーターは別のノードで再スケジュールされるので、このような場合に推奨されます。

    SNAT ルーターの場合は、allow_automatic_l3agent_failover 機能により Neutron は機能しなくなった L3 エージェントのルーターを自動的に再スケジューリングします。異常検出にはコントロールプレーン (rabbitmq、L3 エージェント、neutron-server、および DB) が使用されます。ダウンタイムは長時間に及ぶ場合があります。L3 エージェントは neutron サーバーにより「機能が停止している」と認識される必要があります (デフォルトでは 75 秒)。その後、neutron サーバーはルーターを再スケジューリングし、新たな L3 エージェントはルーターを設定しなければなりません。機能の停止した L3 エージェント/コントローラーが多数のルーターをホストしていた場合には、この処理に 2 分以上かかる場合があります。allow_automatic_l3agent_failover が有効な場合には、オペレーターの操作は必要ありませんが、タイムアウトしたセッションを復元することはできず、新たな接続を確立する必要があります。

  • neutron DHCP エージェントが管理する DHCP サーバーは分散されず、コントローラーノードにデプロイされます。Red Hat OpenStack Platform では、ルーティング設計 (集中型または DVR) にかかわらず、DHCP エージェントは高可用性構成でコントローラーノードにデプロイされます。
  • Floating IP の場合は、各コンピュートノードに 外部 ネットワーク上のインターフェースが 1 つ必要です。また、各コンピュートノードに追加の IP アドレスを 1 つ設定しなければならなくなりました。これは、外部ゲートウェイポートの実装と Floating IP ネットワークの名前空間が原因です。
  • プロジェクトデータの分離において、VLAN、GRE、VXLAN のすべてがサポートされます。GRE または VXLAN を使用する場合は、L2 Population 機能はオンにする必要があります。Red Hat OpenStack Platform director では、インストール時にこれは強制的に有効になります。