Menu Close

4.2. VLAN トラフィックの分離

通常、異種のネットワークトラフィックをホストする場合には、別個の VLAN をトラフィックに割り当てます。たとえば、各種ネットワークごとに別の VLAN を指定します。当然ながら、外部ネットワークは外部の物理ネットワークにのみルーティングが可能です。本リリースでは、DHCP サービスは director により提供されます。

注記

本項で分離する VLAN は、すべての OpenStack デプロイメントで必要な訳ではありません。たとえば、クラウドユーザーがアドホックの仮想ネットワークをオンデマンドで作成する必要がない場合には、テナントネットワークが必要ない可能性があります。各仮想マシンを他の物理システムと同じスイッチに直接接続する必要があるだけの場合には、コンピュートノードをプロバイダーネットワークに直接接続し、インスタンスがプロバイダーネットワークを直接使用するようにするだけでよいでしょう。

  • プロビジョニングネットワーク: この VLAN は、PXE ブートで director を使用して新規ノードをデプロイするためだけに特化されています。OpenStack Orchestration (heat) は、OpenStack をオーバークラウドのベアメタルサーバーにインストールします。これらのサーバーは、物理ネットワークにアタッチされており、アンダークラウドのインフラストラクチャーから OpenStack Platform のインストールイメージを取得します。
  • 内部 API ネットワーク: 内部 API ネットワークは、API 通信、RPC メッセージ、データベース通信経由で OpenStack のサービス間の通信を行う際に使用します。さらに、このネットワークは、コントローラーノード間の稼働メッセージの通信にも使用されます。IP アドレスの割り当てを計画する際には、各 API サービスには独自の IP アドレスが必要である点を念頭に置いてください。具体的には、以下のサービスに IP アドレスが必要です。

    • vip-msg (ampq)
    • vip-keystone-int
    • vip-glance-int
    • vip-cinder-int
    • vip-nova-int
    • vip-neutron-int
    • vip-horizon-int
    • vip-heat-int
    • vip-ceilometer-int
    • vip-swift-int
    • vip-keystone-pub
    • vip-glance-pub
    • vip-cinder-pub
    • vip-nova-pub
    • vip-neutron-pub
    • vip-horizon-pub
    • vip-heat-pub
    • vip-ceilometer-pub
    • vip-swift-pub
注記

高可用性を使用する場合には、Pacemaker による仮想 IP アドレスの物理ノード間の移動が可能でなければなりません。

  • ストレージ: Block Storage、NFS、iSCSI など。理想的には、これはパフォーマンスの関係上、別の物理イーサネットリンクに分離します。
  • Storage Management: OpenStack Object Storage (swift) は、参加するレプリカノード間でデータオブジェクトを同期するためにこのネットワークを使用します。プロキシーサービスは、ユーザー要求と下層のストレージレイヤーの間の仲介インターフェースとして機能します。プロキシーは、受信要求を受け取り、必要なレプリカの位置を特定して要求データを取得します。Ceph バックエンドを使用するサービスは、Ceph と直接対話せずにフロントエンドのサービスを使用するため、ストレージ管理ネットワーク経由で接続を確立します。RBD ドライバーは例外で、このトラフィックは直接 Ceph に接続する点に注意してください。
  • テナントネットワーク: Neutron は、VLAN 分離 (各テナントネットワークがネットワーク VLAN) または VXLAN か GRE 経由のトンネリングを使用した独自のネットワークを各テナントに提供します。ネットワークトラフィックは、テナントのネットワークごとに分割されます。テナントネットワークには IP サブネットが割り当てられており、複数のテナントネットワークが同じアドレスを使用する場合があります。
  • 外部: 外部ネットワークは、パブリック API エンドポイントと Dashboard (horizon) への接続をホストします。オプションでこれと同じネットワークを SNAT に使用することもできますが、必須ではありません。実稼働環境のデプロイでは、大抵の場合、Floating IP アドレスと NAT に別のネットワークが使用されます。
  • プロバイダーネットワーク: これらのネットワークでは、インスタンスを既存のネットワークインフラストラクチャーにアタッチすることができます。フラットネットワークまたは VLAN タグでデータセンターの既存の物理ネットワークに直接マッピングするために、プロバイダーネットワークを使用することができます。これにより、インスタンスは、OpenStack Networking インフラストラクチャー外部のシステムと同じレイヤー 2 ネットワークを共有することができます。